【荒野のコトブキ飛行隊】 第11話 キャプ感想 赤い震電カッコよすぎるww 絵描きちゃん再登場キター♪

各画像はクリックで大きな画像に~

各画像はクリックで大きな画像に~
各画像はクリックで大きな画像に~

荒野のコトブキ飛行隊 第11話『イケスカの決闘』

震電まで登場!
赤いカラーリングで超カッコイイぞ。
この世界の日本ぽい国では完成したんだね。
空戦フラップもついて機動も変態的にすごぃぃぃ!!
絵描きちゃんとエリートの社長が、味方になって再登場♪
また出番あってよかったねww
最後の敵はやっぱりイサオかよ!
最終回では機体の乗り換えとかあるのかな?
何だかんだで盛り上がってきたねww







関連記事
テーマ:2019年新作アニメ | カテゴリ:2019冬(01-03月)
[ 2019/03/24 ] TB(1) | CM(-) |  EDIT 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/7487-da3400d1


荒野のコトブキ飛行隊 TokyoMX(3/24)#11

第11話 イケスカの決闘 イケスカ市長のイサオは穴によりユーハングの技術やパンケーキ、カレーライスなど様々な技術がもたらされた。ラハマ上空に開いた穴を独占しようとする奴は敵とばかり演説する。どうやら彼こそが独占したい様子。自由博愛連合が、そんなラハマに鉄槌を下す。イサオは演説で市民や連合を扇動する。 ポロッカが自由博愛連合により空爆されて激怒する市長。ラハマ市長、ユーリア元議員と連...
[2019/03/26 13:13] URL ぬるーくまったりと 3rd











  ブログパーツ