【荒野のコトブキ飛行隊】 第10話 キャプ感想 ライバルパイロットは、サブジーでなく姉弟子だったww

各画像はクリックで大きな画像に~

各画像はクリックで大きな画像に~
各画像はクリックで大きな画像に~

荒野のコトブキ飛行隊 第10話『情け無用の爆撃機』

富嶽、完成してたのかよww
未完成機とかありなら、震電とかも出てきそうね!
いつもの強い敵は、サブジーと思ってたけど、姉弟子だったんかぁww
サブジーの弟子繋がりで意気投合しちゃってるww
CV伊藤静さんで頼りになりそうですww
ロケットブースターつけても隼の機体は持つのか。
機体強度上げてるのかな。
武装もロケット弾まで使い出して、そのうち誘導弾も使いそうですねww
最後までレシプロ機でいくのか、決戦ではジェット機だすのか。
空戦もクライマックスに向け盛り上がって欲しいね!!






関連記事
テーマ:2019年新作アニメ | カテゴリ:2019冬(01-03月)
[ 2019/03/17 ] TB(1) | CM(-) |  EDIT 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/7474-6052ef88


荒野のコトブキ飛行隊 TokyoMX(3/17)#10

第10話 情け無用の爆撃機 ユーリア議員の乗る飛行機が狙われるがナオミが護衛して無事。アレンが羽衣丸に避難、自説を解説、穴は何度も空いている。 かつて大きな穴が開いてイーハングと繋がっただけ。ユーリアも合流、もう議員じゃない。ガドールの町はイサオの自由博愛連合に加盟した。イサオは自分の帝国を作ろうとしている。ラハマはまだ参加も決めていない。 ラハマの空に穴が開いた。ショー...
[2019/03/18 19:28] URL ぬるーくまったりと 3rd











  ブログパーツ