【デート・ア・ライブIII】 第9話 キャプ感想 5年前の狂三ちゃん、厨二ヒロインみたいで可愛いww

各画像はクリックで大きな画像に~

各画像はクリックで大きな画像に~
各画像はクリックで大きな画像に~

デート・ア・ライブIII 第9話『五年前、天宮市』 感想(画像付)

士道が過去に戻り、歴史を変えようと奮闘。
誰かを助けようとして、どうやっても助けられないパターンじゃないですかねこれ…。
両親をころした精霊が自分だったと知って折紙さんは反転体になってしまった!?
5年前の狂三ちゃんが登場。 うぉぉぉ、カワイイじゃないか!!
どっかの厨二ヒロインみたいな外見だww
ピンク髪の謎の精霊は何者なんだ!? CVはざーさんなのね。
まだ士道が会ってない、未来で登場する精霊なのかな?
士道は折紙さんたちを助けられたのか…!?
なんか両親だけでなく折紙さんも攻撃あたってたように見えたんですけど…。
次回が気になる引きですね!






関連記事
テーマ:デート・ア・ライブ | カテゴリ:2019冬(01-03月)
[ 2019/03/09 ] TB(1) | CM(-) |  EDIT 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/7457-b0b9305a


デート・ア・ライブ III TokyoMX(3/08)#09

EPISODE 09 五年前、天宮市 5年前の天宮市に戻った士道。近道を通るが失敗、七罪の能力で当時の士道に化けて誤魔化す。 琴里が精霊となり能力を解放、爆発が生じる。急いで駆けつけるがファントムを攻撃する折紙には声が届かず、両親を殺害してしまう。ようやく真実を知った士道と狂三。 残された折紙に絶望するなと元気づける、お前は一人じゃない、全ては俺が受け止めるから。&nbs...
[2019/03/10 17:30] URL ぬるーくまったりと 3rd











  ブログパーツ