【食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇】 第14話『遠月列車は行く』キャプ感想

各画像はクリックで大きな画像に~

食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇 第14話『遠月列車は行く』 感想(画像付)

エステまである遠月特別列車、豪華すぎじゃないですか!?
えりなちゃんのエステ姿も見てみたいなww
進級試験は北海道で行われるので、えりなちゃんが先生となって極星寮メンバーに集中講義。
メガネ教師なえりな先生、最高かよ!!
その教えもあって、メンバーは最初の試験を全員が突破!
次の試験会場への移動は遠月列車で移動。
試験じゃなければ豪華列車の旅でいいのにね~。
ソーマと自然にすごせるようになってるえりなちゃん。
星の流れる外の景色もあって、えりなちゃんの目がキラキラしてる♪
ソーマが城一郎の息子だったと分かって、見る目も変わってきたかなww







  
ソーマ3 14話ソーマ3 14話
ソーマ3 14話2ソーマ3 14話2
ソーマ3 14話3ソーマ3 14話3

えりなちゃんの進級試験対策はじまるよ!
お世話になった寮のみんなへの恩返し。
えりなちゃん変わったね~♪

ソーマ3 14話4ソーマ3 14話4
ソーマ3 14話5ソーマ3 14話5
ソーマ3 14話6ソーマ3 14話6
ソーマ3 14話7ソーマ3 14話7

2年生への進級試験は毎年北海道で行われる。
南端からスタートし北へ北へと移動を続けながら各地で試練をクリアしていく。
北海道の食材がテーマになるのは間違いない。
セントルに試験も支配されてる以上、何があっても立ち回れるよう準備がいる。

「今日から出発までの1週間私があなた方に対して北海道講座を開きますわ!」
えりな…先生!?ww

各画像はクリックで大きな画像に~

えりな先生のハチミツ授業かなww

ソーマ3 14話8ソーマ3 14話8
ソーマ3 14話9ソーマ3 14話9
ソーマ3 14話10ソーマ3 14話10

何その服工口い!?
だよねーww

「私は幼い頃から全国津々浦々の料理、素材を味わってきました。
勿論北海道についても同様。その知識をあなた方に授けます。
弾丸を増やすのよ!あなた達が試験を戦い抜くための弾丸をね!」

頼もしいお言葉。

ソーマ3 14話ソーマ3 14話
ソーマ3 14話12ソーマ3 14話12

「少々厳しめに叩きこみますが一切の弱音は許可しません。
ついてこれますね?」

ひぃ! ドS教師だww

ソーマ3 14話13ソーマ3 14話13
ソーマ3 14話14ソーマ3 14話14
ソーマ3 14話15ソーマ3 14話15
ソーマ3 14話16ソーマ3 14話16

「北海道特有の野菜・魚介・牛肉・ジビエなどあらゆる知識を叩きこみます!」
1週間で厳しいww

「えりな様…かっこいい」
にくみちゃんww

ソーマ3 14話17ソーマ3 14話17
ソーマ3 14話18ソーマ3 14話18
ソーマ3 14話19ソーマ3 14話19
ソーマ3 14話20ソーマ3 14話20

「水戸さん。アルディーニ君達。あなた達も受けていきなさい」
巻き込まれたーww

「なぜ自分は関係ないと言う顔をしているの?幸平君も受けるのよ」
課題が出る以上答えを捻りだす方法は必ずあるはずよ。ソーマたちなら見つけられるはず。

ソーマ3 14話21ソーマ3 14話21
ソーマ3 14話22ソーマ3 14話22
ソーマ3 14話23ソーマ3 14話23
ソーマ3 14話24ソーマ3 14話24

「他人事みたいに呑気だけど君も試験をクリアしなくては駄目ですからね。いいこと?」
ソーマに受かってほしいえりなちゃんです。

「今の私はここにいるみんなが学園から去るなんて…
とにかく絶対に嫌なの!一緒に2年生になるのよ!」

デレきた~!

ソーマ3 14話25ソーマ3 14話25
ソーマ3 14話26ソーマ3 14話26
ソーマ3 14話27ソーマ3 14話27
ソーマ3 14話28ソーマ3 14話28

北海道に来て、雪にはしゃぐソーマたちww

「浮かれてるんじゃありません!
あなた達はここに遊びに来たのかしら?雪と戯れている場合?」

「すみませんでした!えりな先生」
すっかり先生として刷り込まれてるww

ソーマ3 14話29ソーマ3 14話29
ソーマ3 14話30ソーマ3 14話30
ソーマ3 14話31ソーマ3 14話31
ソーマ3 14話32ソーマ3 14話32

進級試験は、不合格になると即送還され退学!

一次試験は複数の部屋に別れてチームになる。
えりなちゃんだけ離され、叛逆組だけでチームにされる。
露骨に落とすつもりですね~

ソーマ3 14話33ソーマ3 14話33
ソーマ3 14話34ソーマ3 14話34
ソーマ3 14話35ソーマ3 14話35

お題となる食材は鮭。
鮭の旬は秋。今の時期は漁獲量が減って身の質も落ちていく。なのに鮭がテーマとは…
何か仕掛けて来るなww

ソーマ3 14話36ソーマ3 14話36
ソーマ3 14話37ソーマ3 14話37
ソーマ3 14話38ソーマ3 14話38

ソーマたちのチームだけ、品質最低レベルの鮭を渡される。
他の叛逆組も同じように…。
セントラル汚い!

ソーマ3 14話39ソーマ3 14話39
ソーマ3 14話40ソーマ3 14話40
ソーマ3 14話41ソーマ3 14話41
ソーマ3 14話42ソーマ3 14話42

熟成テクも日没までに不可能。

「薙切が何か言ってたな。勉強会で。確か名前は…」
えりなちゃんの授業が役に立つ!

「よっしゃ!この部屋で一番うまい料理を出すのは俺達だ!」

ソーマ3 14話43ソーマ3 14話43
ソーマ3 14話44ソーマ3 14話44
ソーマ3 14話45ソーマ3 14話45
ソーマ3 14話46ソーマ3 14話46

セントラルに従う生徒たちは、教えらえれたマニュアル通りしか料理できない。
ダメだこりゃ…

ソーマたちは、一番うまいトキシラズをゲットしてくる!
ブライン法の瞬間凍結をしてる業者があってよかった。

ソーマ3 14話47ソーマ3 14話47
ソーマ3 14話48ソーマ3 14話48
ソーマ3 14話49ソーマ3 14話49
ソーマ3 14話50ソーマ3 14話50

制限時間の日没までもう30分を切っている。
しかし、ソーマたちは一瞬たりとも滞らない連携ですぐに料理してしまう。
さすがっすねww

ソーマ3 14話51ソーマ3 14話51
ソーマ3 14話52ソーマ3 14話52

「よし完成だ!トキシラズの幽庵焼き。さぁおあ…」
「おあがりになって」
おあがりよキャンセルww

担当官もその味に敗北ww
どんな状況でもいいものを掴むため仕入れと格闘する。そんできっちり皿を出すのが定食屋の仕事。

ソーマ3 14話53ソーマ3 14話53
ソーマ3 14話54ソーマ3 14話54
ソーマ3 14話54ソーマ3 14話54

ソーマたち以外の組も自力で1次試験を合格。
貞子も混ざってるなww

「やったよえりなっち!私達クリアしたよ~」
「何を笑ってるの?まだ一次試験を通過しただけでしょ。浮かれてる余裕なんてあるのかしら?」
えりな先生こわいww

ソーマ3 14話55ソーマ3 14話55
ソーマ3 14話56ソーマ3 14話56
ソーマ3 14話57ソーマ3 14話57

2次試験の移動は、遠月所有の寝台列車つきかげを使う。

「車内でも就寝時間まで北海道講座の補修を行うぞ」
秘書子ちゃんも厳しいなww

ソーマ3 14話57ソーマ3 14話57
ソーマ3 14話57ソーマ3 14話57
ソーマ3 14話57ソーマ3 14話57
ソーマ3 14話49ソーマ3 14話49

車内でも対策に根を積めるえりなちゃん。
イサミが来てラウンジで息抜きを進めにくる。

その次に、涼子ちゃんが来てエステルームを進めにww
えっちだww

ソーマ3 14話50ソーマ3 14話50
ソーマ3 14話51ソーマ3 14話51
ソーマ3 14話52ソーマ3 14話52
ソーマ3 14話53ソーマ3 14話53

今度は田所ちゃんが来て、実家からもらった玄米茶をくれる。
ソーマまで鮭の皮揚げチップ食おうとやって来るww

「どうしてみんな私の所に…時間があるなら少しでも体を休ませておいた方がいいのに」
「勉強会の事でみんな薙切にありがとうって思ってるってことじゃねぇの」

ソーマ3 14話54ソーマ3 14話54
ソーマ3 14話54ソーマ3 14話54
ソーマ3 14話55ソーマ3 14話55

「別に私は感謝されることなんてないわよ。私がやりたいようにやってるだけで」
ツンデレだww

車窓の星空を見て、いくらを食べたいってソーマww

ソーマ3 14話56ソーマ3 14話56
ソーマ3 14話57ソーマ3 14話57
ソーマ3 14話57ソーマ3 14話57

今まで幸平君の顔がちらつくだけで気分を害していたけど…
今は…そんなに嫌ではないわね。

えりなちゃん落ちてますやんww

無事に1次試験を突破、遠月列車での試験の旅の始まりですね。
えりなちゃんがソーマにデレきて可愛いぞ!
完全にえりなちゃんがヒロインですねww



↓ 押していただけると更新の励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^

(C)附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会餐

関連記事
テーマ:2018年新作アニメ | カテゴリ:2018冬(01-03月)
[ 2018/04/16 ] TB(1) | CM(0) |  EDIT 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/6906-8ab29b8d


食戟のソーマ 餐ノ皿 TokyoMX(4/15)#14

第14話 遠月列車は行く 極星寮にはお世話になった薙切えりな、私についてきなさい。恩義があるだけよと進級試験対策を講じてくれる。2年生の進級試験は北海道で行われる。 南から北へ向けて移動しながら課題をこなしていく。最後は北端の島で開催される。勝ち残るためには準備が必要、現地で柔軟に対応できるようになる。北海道の食材をえりなと緋紗子がレクチャーしてくれる。 えりな...
[2018/04/16 17:01] URL ぬるーくまったりと 3rd











  ブログパーツ