【スロウスタート】 第10話『サメのいとこ』 キャプ感想

各画像はクリックで大きな画像に~

スロウスタート 第10話『サメのいとこ』感想(画像付)

浪人だったのがバレてた!?
って、しおんちゃんも就職浪人だったのかよ!
孫バカの祖父のせいなら、花名ちゃんも就職の時に浪人させられそうなww
万年さんの服を、外にだすか中に入れるか? 紛らわしい言い方!!
花名ちゃんのまわりは優しい世界でいっぱいだね。
浪人のこと話しても変わらないと思うね。 
栄依子ちゃんに貰った四つ葉のブローチは、失くすと不幸になりそうね。
別の作品を思い出しますww







  
(ストーリー)
みんなには内緒でアクセサリー作りをしている栄依子から、お手製のブローチをプレゼントされた花名。
嬉しい気持ちでいっぱいになるとともに、自分が浪人した過去を隠し続けていることに後ろめたさを感じて
しまう。清瀬に相談してみたが、打ち明けるかどうか決断はできないまま。
そんな気持ちの中で教室に向かうと、栄依子の口からショッキングな一言が飛び出す。
「浪人してるんだってね」と……。


スロウス 10話スロウス 10話
スロウス 10話2スロウス 10話2

ハナクマちゃんとタマクマちゃんww
独りで遊んでる花名ちゃん、どうしたの?ww

大会さんが泣きながら訪問してくる。
いったいどうしたの?

スロウス 10話3スロウス 10話3
スロウス 10話4スロウス 10話4
スロウス 10話5スロウス 10話5

「大会さん…どうしたんですかその格好?」
服、はだけてます!

「え…栄依子さんが~!」
えぇ…ww

スロウス 10話6スロウス 10話6
スロウス 10話7スロウス 10話7
スロウス 10話8スロウス 10話8
スロウス 10話9スロウス 10話9

大会さんは、シャツを出すか入れるかで悩んでいたww
私は今人生の岐路に立たされている!
そこまで問題?

スロウス 10話10スロウス 10話10
スロウス 10話スロウス 10話
スロウス 10話12スロウス 10話12

「栄依子さん! 中だろうか?外に出すべきだろうか?」
言い方ww

「いや先日見立ててもらったシャツとスカートの話なのだが」
「ああ。なんだどちらでも平気ですよ。中でも外でも」

「それじゃ困るんだ!君が決めてくれ栄依子さん!中入れか!外出しか?」
「え~。とにかく大会さんの好きにするのが一番ですよ」
電話切られたww

「待ってくれ栄依子さん!中か!外か!栄依子さ~ん!!」
言い方なんとかしろww

「このコーディネートだけは失敗できないと熱くなりすぎてしまったんだ。
栄依子さんには悪い事をした」


スロウス 10話13スロウス 10話13
スロウス 10話14スロウス 10話14
スロウス 10話15スロウス 10話15

「実は…予備校の夏期講習に申し込んでみようと思って。今日はその書類を頂戴しに」

「すごい!すごいです大会さん!
だってコンビニから段々お出かけできる場所が増えていってとうとう予備校ですよ!
来年は甲子園にだって行けちゃうかも!」


「私は何を目指すというのか。
私が外に出られるようになったのは花名ちゃんのおかげなんだ。本当にありがとう」


「そんな!私なんか全然。
むしろ…大会さんは前に進んでるのに足踏みしてるだけっていうか…
言わなきゃいけないと思ってるんです。隠したままじゃよくないって」


スロウス 10話16スロウス 10話16
スロウス 10話17スロウス 10話17
スロウス 10話18スロウス 10話18

「シャツの裾をか」
違うww

「裾の処遇をどうするべきか花名ちゃんが決めてくれ!
中に入れるべきか!外に出すべきか!」


「私もそういう事決めるの苦手で」
「もう花名ちゃんに頼るしかないんだ!決めてくれ…中か!外か!」

スロウス 10話19スロウス 10話19
スロウス 10話20スロウス 10話20
スロウス 10話21スロウス 10話21
スロウス 10話22スロウス 10話22

「助けて~!志温ちゃ~ん!」
「中か!外か!中か~!外か~!」
犯罪現場にしか見えないww

「入れた方がかわいいんじゃないかしら?」
しおんちゃん、流石!

スロウス 10話23スロウス 10話23
スロウス 10話24スロウス 10話24
スロウス 10話25スロウス 10話25
スロウス 10話26スロウス 10話26

「でもこのシャツ裾の柄がかわいいわ。やっぱり外の方がかわいいかしら?」
ボタンを一つ外して 帽子をかぶせて…

「うん!できたわ!こんな感じはどうかしら?」
おおっ、大会さんがゲームのヒロインみたいになったww

「栄依子さ~ん!」

スロウス 10話27スロウス 10話27
スロウス 10話28スロウス 10話28
スロウス 10話29スロウス 10話29

ちょうどいいとこに本人きたww
「栄依子さん!」
「はい。栄依子で~す!」

「先程は妙な電話をしてしまい大変申し訳ない…」
「いえいえ。あの時は私も妹と買い物してたので」

「君が決めてくれ栄依子さん!中入れか!外出しか!」
「外だと垂れてしまうので中の方が」
妹ちゃん何言ってるんだww

スロウス 10話30スロウス 10話30
スロウス 10話31スロウス 10話31
スロウス 10話32スロウス 10話32

「こっちの方にも用事あったから。はい終わりましたよ~。この組み合わせだとインした方がバランスいいですね」

「ありがとう」
「無事に書類を取って来られるように祈ってますね」
「程度の低いお祈りをさせてしまって済まない」

スロウス 10話33スロウス 10話33
スロウス 10話34スロウス 10話34
スロウス 10話35スロウス 10話35

「栄依子ちゃん万年さんよかったらお夕飯食べて行かない?」
「食べたーい! …ですけど今日は妹がカレーを作るって言ってたので」

「妹さんのカレー…おいしいんでしょうなぁ」
妹カレー食べたいww

「じゃあ私はこれで…花名ちょっといい?」

スロウス 10話36スロウス 10話36
スロウス 10話37スロウス 10話37
スロウス 10話38スロウス 10話38

「実はこっちが本命の用事なの。これよかったら」
「わ~!綺麗!」
手作りのブローチを手に入れた!

「この間話聞いてくれたお礼」

スロウス 10話39スロウス 10話39
スロウス 10話40スロウス 10話40
スロウス 10話41スロウス 10話41
スロウス 10話42スロウス 10話42

「それね。花名のイメージで作ったの。
一応モチーフは四つ葉のクローバー。花名にいいことがありますようにって」

「栄依子ちゃん…ありがとう栄依子ちゃん!すっごく嬉しい!」
あんハピかww わたし、すっごくついてるよww

「毎日つけるね!制服…は怒られるかもしれないから鞄に!でもそれだとすぐ壊れちゃうかも」

「花名はいろいろ考え過ぎ。貰った瞬間から壊れた時のこと考えないの。
作った本人がすぐ傍にいるんだから壊れても直してって頼めばいいだけよ」

「うん!ありがとう」
ちゃくちゃくと攻略していくな、えいこちゃんww

スロウス 10話43スロウス 10話43
スロウス 10話44スロウス 10話44
スロウス 10話45スロウス 10話45
スロウス 10話46スロウス 10話46

先生はどう思ってるんだろう? 私が浪人を隠したままにしてること。

「アイス買いに行く所なんだがお前も来るか?1本だけなら奢ってやる。
くれぐれも他の奴には言うなよ。絶対煩いから」


「それって贔屓じゃないですか!ギブミーアーイス!」
想像できるww

スロウス 10話47スロウス 10話47
スロウス 10話48スロウス 10話48
スロウス 10話49スロウス 10話49

「先生…私がその…浪人してること栄依子ちゃん達に話すべきだと思いますか。
話したいというか…話さないといけないのかなって」

「いけないんだったら私が初日に話してる」

「話さなくてもいいんでしょうか?」
「そりゃそうだろ。友達なら秘密でも何でもさらけ出さないといけない、とでも思ってるのか?」

スロウス 10話50スロウス 10話50
スロウス 10話51スロウス 10話51

「その…ちょっとだけ。隠し事してるのって気まずいっていうか。
最初は浪人してるってバカにされる、からかわれる。そういうのが怖かったんです。
でも今は…関係が変わるのが怖い…です」


「傍から見てる分には話しても話さなくても変わらないと思うぞお前らは。
ま、あまり考え過ぎるな」


「今の…栄依子ちゃんからも同じことを言われました
「たとえ一言一句同じ言葉だったとしてもあいつより私の方がいい事言ってる。
深みが違うんだ」

対抗心ww

スロウス 10話52スロウス 10話52
スロウス 10話53スロウス 10話53

「はなちゃわ~ん!おはようですよ!」
「ちゃわん。おはよう」
ちゃわんww

「いきなりすっごい夏ですね~。英語で言うとサムアッ!って感じでしょうか?」
「それだと寒いみたいだよたまちゃん」

スロウス 10話54スロウス 10話54
スロウス 10話54スロウス 10話54

「あ。そういえば花名。志温さんに聞いたんだけど浪人してるんだってね」
「え…」
いきなりバラされてる!?

「あれ?違ってた?志温さんから去年就職できなくて浪人中なのよって」
「え…?えぇ~!?志温ちゃんが浪人!?」
そっちが浪人なのかよww

「うん。就職浪人って。あれ?これって言ったらいけない話だったの?」

スロウス 10話55スロウス 10話55
スロウス 10話56スロウス 10話56
スロウス 10話57スロウス 10話57
スロウス 10話57スロウス 10話57

「身内が知らない情報を聞き出すとかコミュ力ゲージカンストしてませんか?」
「そんな大げさな。普通にメールしてたらそういう話になっただけよ」
この間のプールでメアド聞きだした。 さすがですww

「さっきから普通って!全然普通じゃなかとですよ!
冠のアニキィ。こいつちょっと調子乗ってますぜ? きゅっとシめてやりましょうぜ」

アニキww

「じゃあお酢で」
「昆布で!」
「私おいしくいただかれちゃうの」

私自分の事でいっぱいいっぱいで全然知らなかった。
花名ちゃんショック…

スロウス 10話57スロウス 10話57
スロウス 10話57スロウス 10話57

「そうよ。就職浪人中。言ってなかったかしら?」
伝え忘れてたのね。あの頃は管理人の仕事を覚えるのに一生懸命だったからww

「ゴミを制する者は管理人を制するのよ」
そうなの?

「今思えば管理人の仕事を徹することで悲しみを忘れようとしてたのかしら。
でも今はほんとに全然何とも思ってないの!だから安心して」

それはそれでどうなんだろうww

スロウス 10話49スロウス 10話49
スロウス 10話50スロウス 10話50
スロウス 10話51スロウス 10話51

「受かった所もあったんだけどおじいちゃんが…。
女の子の孫は私と花名ちゃんだけだから特別過保護になってるのよね」

おじいちゃんww

「それって…」
「頑張って」
花名ちゃんも苦労しそうだww

スロウス 10話52スロウス 10話52
スロウス 10話53スロウス 10話53
スロウス 10話54スロウス 10話54

しおんちゃんもカレー食べたくなって作ったww

志温ちゃんはこれからどうするのかな…管理人続けてくれるのかな?

「あの…志温ちゃん…今日…志温ちゃんの部屋で泊まっていい?」

「もちろん!じゃあ後で一緒にお風呂入りましょうか!」
「お…お風呂はいいよ!恥ずかしいよ~!」
目が光ってるww

スロウス 10話54スロウス 10話54
スロウス 10話55スロウス 10話55
スロウス 10話56スロウス 10話56
スロウス 10話57スロウス 10話57

お風呂きたー!!

「あのね花名ちゃん。実は去年花名ちゃんが引っ越してくるってわかった時に花名ちゃん用の
パジャマやお布団を買っておいたの」

「え!そうだったの?わ…!」

「これも花名ちゃんが来るから買っておいたんだけど」
「も~!志温ちゃんの中の私って3歳くらいで止まってない!」
花名ちゃん3才ww

スロウス 10話57スロウス 10話57
スロウス 10話57スロウス 10話57
スロウス 10話57スロウス 10話57

サメのパジャマww

「思った通り!すっごくかわいいわ!」
「か…かわいいの!?これかわいいの?」
かわいいかわいい!

「あのねその…志温ちゃんに聞きたいことがあって…志温ちゃんは管理人を続けるの?
それとももう一回就職を頑張ってみるの?」


「ん~…正直言うとね。悩み中。
最初はね。大学のお友達はみんな就職しちゃってこんな風に家の仕事を手伝ってるのは私だけで。
なんだか置いてかれるみたいで不安だった」

花名ちゃんと同じ…

スロウス 10話49スロウス 10話49
スロウス 10話50スロウス 10話50
スロウス 10話51スロウス 10話51

「でもね。管理人としてみんなに気持ちよく過ごしてもらえるように…
共用部を掃除したり、庭の手入れをしたり…
昔からそういう事をするのは好きだったし自分に合ってるなって思うようになったの


「志温ちゃん…」
「もちろん就職できたらその先はいろんな発見や出会いがあると思う。
でも今の管理人としての自分も好きだなって」


スロウス 10話52スロウス 10話52
スロウス 10話53スロウス 10話53
スロウス 10話54スロウス 10話54
スロウス 10話54スロウス 10話54

来た頃の花名ちゃんは落ち込みが酷かった
元気になってもらおうと、好きな冷ややっこを食事に出す。 多すぎだww

スロウス 10話55スロウス 10話55
スロウス 10話56スロウス 10話56
スロウス 10話57スロウス 10話57
スロウス 10話57スロウス 10話57

髪をカットしてたら、バサッと切ってしまって、今のショートカットになったのねww
夜食を用意したり、しおんちゃんいい人すぎる!!

スロウス 10話57スロウス 10話57
スロウス 10話57スロウス 10話57
スロウス 10話49スロウス 10話49
スロウス 10話50スロウス 10話50

「私ね…志温ちゃんが管理人で本当に良かった」

「花名ちゃん…やっぱりこのまま管理人を続けようかしら?」
「あ…でも志温ちゃんが管理人さんならうれしいけど無理強いしたいわけじゃなくて…
就職するなら私応援するからね!」


「よく考えたら私も就職浪人で万年さんも浪人。花名ちゃんも浪人。
このアパート浪人ハイツって感じよね~」

「わ…私はもう違いますから!」

「じゃあそろそろ寝ましょうか。おやすみなさい。サメちゃん」
サメちゃんww

スロウス 10話51スロウス 10話51
スロウス 10話52スロウス 10話52
スロウス 10話53スロウス 10話53

「はいお弁当。二日目がおいしいから」
「あ。やっぱりカレーなんだ。うんありがとう」
カレー弁当ww

「あら。かわいい!素敵なブローチね。花名ちゃんによく似合ってるわ」

「それじゃあ行ってきます!」
「はーい。行ってらっしゃい花名ちゃん

スロウス 10話54スロウス 10話54
スロウス 10話54

エンドカードは、こもわた遙華先生♪

しおんちゃん優しくて、いい管理人さんだよ!
就職見つかるといいですね。
おじいちゃんさえ黙ってれば、いいとこ入れると思うよww


↓ 押していただけると更新の励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^

(C)篤見唯子・芳文社/スロウスタート製作委員会

関連記事
テーマ:2018年新作アニメ | カテゴリ:2018冬(01-03月)
[ 2018/03/11 ] TB(3) | CM(0) |  EDIT 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/6820-79c20ab2


スロウスタート BS11(3/10)#10

STEP. 10 サメのいとこ 万年さんが花名に泣きついてきた。外出するためのシャツを中入れにするか外出にするかと悩んでしまった。栄依子にアドバイスを求めたが、どちらでもと言われてしまった。予備校の夏期講習を申し込もうとした。万年さんは花名のお陰で変われたと感謝している。花名は浪人を打ち明けられずに悩んで足踏みしていると考えていた。 志温が制服にアイロンをあてたと訪れる。...
[2018/03/11 17:57] URL ぬるーくまったりと 3rd

スロウスタート 第10話 「サメのいとこ」

「中に入れるべきか!?外に出すべきか!?」 中か外かの究極の二択…! ここまで気合を入れて悩まれるといっそ中に出そうと視聴者の方も錯乱してくるような会話。原因は原作者なのかアニメ製作陣なのかは知らないけどこの作品は四六時中こういう方向性の会話の流れになっている気がする(ノ∀`)
[2018/03/11 11:44] URL ムメイサの隠れ家

アニメ感想 18/03/10(土) #スロウスタート 第10話、#ポプテピピック 第10話

スロウスタート 第10話『サメのいとこ』今回は・・・万年さんが突然泣いてきました。何事かと思ったら・・・中に挿れるか外に出すか。シャツのことですね。変なこと想像した人、心が汚れてます。どっちでも好きにしたらいいのに。シャツのデザイン的に外に出すのが正解なような気もするけど。いつの間にか花名の浪人のことがバレてた!?と思ったら、志温のことだったのか。てか、志温も浪人してたの?なるほど、就職浪人...
[2018/03/11 03:47] URL ニコパクブログ8号館











  ブログパーツ