【妹さえいればいい。】 第12話『妹さえいればいい?』 キャプ感想

各画像はクリックで大きな画像に~

妹さえいればいい。 第12話『妹さえいればいい?』 感想(画像付)

失恋パワーってすごいなw
姉キャラの人にフラれて、妹さえいえばいい…になってしまった伊月。
そんな情念を叩きつけて小説家になったとはw
ラノベ作家の人生の内容は酷くて何気にあるあるでしたね~。
出版界も地獄っすねw








(ストーリー)
コタツで眠ってしまった伊月は昔の夢を見ていた。
母が亡くなり、暗い中学時代を過ごしていた伊月は、ある少女と出逢い、彼女に恋心を抱くのだが……。
その日、伊月の『妹法学園』のアニメ化決定を祝い、飲み会が開かれる。
そこで一同は春斗が買ってきた「ラノベ作家の人生」というボードゲームをプレイすることに。
ゲームの人生も現実の作家の人生も同じく波乱万丈。はたしてどのような結末が待っているのか……?


妹さえ 12話妹さえ 12話
妹さえ 12話2妹さえ 12話2
妹さえ 12話3妹さえ 12話3

伊月が小6の時に、入院した母の変わりに家政婦さんが来るようになった。
家政婦なので名前が三田洞さんw

中二の時に母が亡くなり、陰キャだった伊月は学校でボッチ。
そんな時、三田洞さんの娘の彩音ちゃんが遊びに来る。

妹さえ 12話4妹さえ 12話4
妹さえ 12話5妹さえ 12話5
妹さえ 12話6妹さえ 12話6

「キミ、最近元気ないんだって?だから元気出して貰おうと思って!」
「そういうのは家政婦の領分を超えてると思いますが?」

「お母さんは関係ないよ、私が勝手に来たの
よく伊月のことを母から聞いていて…

「なんかキミのこと出来の良い弟みたいに思ってたんだよねー。
そんな弟みたいに思ってた子が元気ないって聞いたら心配になるよね!だから来ちゃった!」


妹さえ 12話7妹さえ 12話7
妹さえ 12話8妹さえ 12話8
妹さえ 12話9妹さえ 12話9

彩音ちゃんがラノベを貸してほしいというので、『妹さえいればいい』をすすめるw
来週まで読むからって、週一で来るのかw

妹さえ 12話10妹さえ 12話10
妹さえ 12話妹さえ 12話
妹さえ 12話12妹さえ 12話12
妹さえ 12話13妹さえ 12話13

一緒に遊んでくれて、ラノベの話が出来て。たまにコスプレまで披露してくれる綺麗なお姉さん!
コスプレしてくれるお姉さんってw
そんなお姉さんに伊月が恋しないわけがない!

妹さえ 12話14妹さえ 12話14
妹さえ 12話15妹さえ 12話15
妹さえ 12話16妹さえ 12話16

告白しようと決めた日、彩音ちゃんが落ち込んでいて…
理由を聞くと、告白してフラれたのか!

「同じクラスの男子でね。イケメンってわけじゃなくて背も低めで…図書委員で。
きっかけは帰りのバスでラノベ読んでるのを見掛けたことかな」

聞いてられなくて話を止める伊月w

「僕…彩音さんのことが好きなんですけど」
ここで告白!?

妹さえ 12話17妹さえ 12話17
妹さえ 12話18妹さえ 12話18
妹さえ 12話19妹さえ 12話19

「僕は…貴女が好きです!僕と付き合って下さい」
「ゴメンね… 私はキミのことを弟としか思えない」
即お断りだったー。

「もう来ないで下さい。 僕に姉なんて必要ありません。
僕には…妹さえいればいい、ので…」

悲しいなあ…

妹さえ 12話20妹さえ 12話20
妹さえ 12話21妹さえ 12話21
妹さえ 12話22妹さえ 12話22

「畜生…主人公になりたい」

失恋の鬱憤がやがて、妹好きな小説を書きあげる情念になっていくとは…w
恐るべし失恋パワーw

「見てろよ世界。僕が…俺が主人公だ!」

妹さえ 12話23妹さえ 12話23
妹さえ 12話24妹さえ 12話24

那由多ちゃんの膝枕いいなw

「良い夢みれましたか?」
「昔の女の夢。 嘘だよ。俺がまだ…俺になる前の夢だ

妹さえ 12話25妹さえ 12話25
妹さえ 12話26妹さえ 12話26
妹さえ 12話27妹さえ 12話27

妹法学園のテレビアニメ化決定パーティ!
編集の土岐さんも来て、伊月とやりあってるw
なんだかんだ仲の良い編集と作者。

妹さえ 12話28妹さえ 12話28
妹さえ 12話29妹さえ 12話29
妹さえ 12話30妹さえ 12話30
妹さえ 12話31妹さえ 12話31

春斗が持ってきたラノベ作家の人生ゲームで遊ぼうw
ピンポイントな内容だなw

大手、中堅、弱小、ネット小説のコースがあって、好きなコースの新人賞マスを選んで良い。
千尋ちゃんは手堅く中堅レーベルからデヴューに成功w
那由多ちゃんは大手からに成功、さすが持ってるなw
伊月は出目が悪くて失敗w
京ちゃんは弱小から、春斗はネット小説。

妹さえ 12話32妹さえ 12話32
妹さえ 12話33妹さえ 12話33
妹さえ 12話34妹さえ 12話34

同じデュー作を出版しても、大手と弱小でギャラの格差が…
出す部数が違うしね。 契約によっても違うみたいですよ?
春斗は収入はないが、人気はあがるw

妹さえ 12話35妹さえ 12話35
妹さえ 12話36妹さえ 12話36
妹さえ 12話37妹さえ 12話37
妹さえ 12話38妹さえ 12話38

那由多ちゃんは重版で100万ゲット!
春斗は更新しても何も変わらずw
伊月はずっとデヴューに失敗し続けるw

妹さえ 12話39妹さえ 12話39
妹さえ 12話40妹さえ 12話40
妹さえ 12話41妹さえ 12話41
妹さえ 12話42妹さえ 12話42

ルートによって特徴があるのね。
ネット小説はお金が入らないけど人気が出易くて、大手はお金も人気もいっぱいで、弱小はどっちも厳しいって言う。
でも大手は締切を破ると1年本が出せなくなることもあるのか。

伊月は大手をやめ中堅に変更、 あっさりデビューできたw
春斗も中堅から声がかかって本を出す。

千尋ちゃんアニメ化で200万ゲット!
京ちゃん実写映画化決定で100万ゲットも、幸福ポイントがさがって休みw
実写化はねw

妹さえ 12話43妹さえ 12話43
妹さえ 12話44妹さえ 12話44
妹さえ 12話45妹さえ 12話45
妹さえ 12話46妹さえ 12話46

那由多ちゃんブログが炎上してマイナス… だから作家はネットをするなとw

春斗は担当が原稿を紛失…
土岐が編集代表で、なんかすまないw

「アニメが大爆死…。幸福ポイントマイナス5…なんだ、ただの俺か」
春斗w

妹さえ 12話47妹さえ 12話47
妹さえ 12話48妹さえ 12話48

「好きなヒロインとくっつかなかったことを恨んだ読者からストーカー被害に遭った。
幸福ポイントマイナス4、3回休み…ストーカーってホントにこんなことあるの?」


そんな感じでゲームは終わるが、みんな幸福がマイナスw
デヴューが遅かった伊月が一番ダメージが少なく1位…
結論、作家にならないが吉w

妹さえ 12話49妹さえ 12話49
妹さえ 12話50妹さえ 12話50
妹さえ 12話51妹さえ 12話51

「作家の人生ってこんなメチャクチャなの?」
不幸だと消えていなくなる作家もいるしね~

「まあ…それでも面白いからここにいるんだけどな」
「にゃはは~!一生ついていきます先輩!」
那由多ちゃんイチャつきすぎw

妹さえ 12話52妹さえ 12話52
妹さえ 12話53妹さえ 12話53
妹さえ 12話54妹さえ 12話54

パーティはお開きになって、みんな帰宅していく。
京ちゃんは、先に行く土岐さんを追いかけて行く?

妹さえ 12話54妹さえ 12話54
妹さえ 12話55妹さえ 12話55

編集の仕事に興味あるという京ちゃん。
今度バイトしますかと聞かれ、OKします。
京ちゃんは編集ルートに入るのかw

妹さえ 12話56妹さえ 12話56
妹さえ 12話57妹さえ 12話57
妹さえ 12話57妹さえ 12話57

「伊月先輩の好きな人は~私~♪」
那由多ちゃん浮かれすぎw

「対等な主人公になったら… 私にとっては最初から世界一の作家なのにな。
しょうがないので頑張りますか!」


春斗もアニメ化失敗を忘れて頑張ろうw

妹さえ 12話57妹さえ 12話57
妹さえ 12話57妹さえ 12話57
妹さえ 12話49

魔法学園アニメ化は、他の作品のアニメ化がぽしゃってその変わりw
低予算で失敗の可能性は大。
それでも進まなければ見えない景色があるとOKした伊月。
止まるんじゃねぇぞ…w

「いや大丈夫だ!乗り越えれる。なぜなら俺には妹がいないからな!
妹への渇望がある限り俺はどこまでもいける!」

妹いるんだよなーw

「兄さんにホントのこと…」
千尋ちゃんのお風呂がラストシーンw

伊月の執筆意欲は妹がいないこと… 千尋ちゃんが妹だと知ったらどうなるのか?
それでも書くんだろうなw


↓ 押していただけると更新の励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^

(C)平坂読・小学館/妹さえいれば委員会

関連記事
テーマ:2017年新作アニメ | カテゴリ:2017秋(10-12月)
[ 2017/12/25 ] TB(3) | CM(0) |  EDIT 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/6643-c32500b5


妹さえいればいい。 TokyoMX(12/24)#12終

最終回 第12話 妹さえいればいい? 伊月は小6で母親が入院、家政婦が世話をしてくれた。中2で母親が亡くなった。三田洞家政婦さんの娘の彩音が訪れてきた。母は伊月の話ばかりするので最近は元気が無いと聞いて励ましに来た。ラノベを借りて読み始めてコスプレしたりと仲良くなっていった。ある日、落ち込んでいる彩音、告白して降られたらしい。僕と付き合ってください。弟としてしか考えられない、ごめん...
[2017/12/25 12:39] URL ぬるーくまったりと 3rd

妹さえいればいい。第12話(終)「妹さえいればいい?」感想 希望を感じ、続きが見たくなるような良い最終回でした。

少年は主人公になりたかった。ただ、なりたかったのだ。 前半はAパート全てを使って伊月が小説を書き出した過去を描いていましたが、彼が好きになった家政婦さんの娘だったお姉さんは自分がふられたりふったりでちょっと可哀想でしたね。 しかしそれが大きなきっかけとなってやがて伊月は小説を書いてみようと思い立ったわけですが、自分の思いの全てをぶつけ、圧倒的な希望をそこに込めようとしたの...
[2017/12/25 09:28] URL 二次元美少女の笑顔を守りたい duple

アニメ感想 17/12/24(日) #干物妹!うまるちゃんR 第12話(終)、#妹さえいればいい。 第12話(終)

干物妹!うまるちゃんR 第12話『みんなとうまる』(終)今回は・・・ピザの回かと思ったらお好み焼きでした。確かに和風ピザと言えなくないような言えないような・・・まぁこれはこれで楽しく美味しそうでしたね。今の時期にぴったりなクリスマスの話でした。時期的に合わせて来たのかな?タイヘイにプレゼントを買うという発想が今まで無かったようですね。フライパンって、実用的ですね。そしてお正月。なんかつい最近...
[2017/12/25 02:57] URL ニコパクブログ8号館











  ブログパーツ