【Re:CREATORS】 第22話『Re:CREATORS』 キャプ感想 

各画像はクリックで大きな画像に~

Re:CREATORS 第22話『Re:CREATORS』 感想(画像付)

ちゃんとキレイに終わりましたね。
メテオラさんが残り、みんなを原作世界に帰すという結末。
事件の中心にいたメテオラさんが書いた物語が『Re:CREATORS』。
メテオラさんが創作する側になる結末は面白いですねw
まがねちゃんはどうなったんだろう?
口先だけで上手く生きていきそうな気もするけどw








(ストーリー)
「エリミネーション・チャンバー・フェス」の成功で幕を閉じた一連の事件。
戦いを終えた被造物たちは物語世界へ帰還する準備が整うまでの間、現実を満喫していた。
そして迎えた別れの日。それぞれの思いを胸に、自分がいるべき場所へと帰っていく被造物たち。
彼らを見送った創造主たちは、新たな物語を創造していく──


レクリエ 22話レクリエ 22話
レクリエ 22話2レクリエ 22話2

アルタイルはせつなと共に去り、世界崩壊は阻止された!

「俺達は結局あいつらの引き立て役だったってわけか。
自分達だけの世界に浸って勝手に行っちまった」

「いいじゃないですか。引き立て役だってお話には大切な役割何ですから」

レクリエ 22話3レクリエ 22話3
レクリエ 22話4レクリエ 22話4
レクリエ 22話5レクリエ 22話5
レクリエ 22話6レクリエ 22話6

「世界を守り抜いたではありませんか」
メテオラさん頑張ったよ!

「最後に何とかしたのはお前だよ」
「だから面白いって言ったろ。大したもんつくったよ。
俺達だって作れなかった奴だぞ? えばっとけえばっとけ」

颯太の手柄かなw

レクリエ 22話7レクリエ 22話7
レクリエ 22話8レクリエ 22話8

「くそ! セレジア…俺がこんな物語作っちまったばっかりに…!」

「それは違う。あなたが別の物語を書いていたら世界を救う縁は存在しなかった。
全ては巡り。必然はあるべき束の中へと戻る。
そしてあなたは生きている。 それは最も重要な事柄」


「そっか松原さん!セレジアさんは続くんです!それに高良田さんのアリステリアも!」

レクリエ 22話9レクリエ 22話9
レクリエ 22話10レクリエ 22話10
レクリエ 22話レクリエ 22話

「この世界が存続すればこそ、あなたの書くフォーゲルシュバリエはその大団円まで綴ることができる。
この世界に来たセレジアはたしかに犠牲になった。でもそれは分岐された可能性の一つの結末。
松原殿、あなたがこれから書くセレジアはついに出会う事のなかったセレジア。
でも彼女の持つ意思と思いは何も変わらない。あなたがそう書く限り」

セレジアは物語世界では生き続けてるから…

「彼女との約束を果たしてほしい。彼女の世界に物語とコーヒーを。
そして今度こそカロンと共に黄金の大団円を」

「そうか。約束か…そうだな」

レクリエ 22話12レクリエ 22話12

チャンバーフェスは好評のうちに幕を閉じた…
みんなで口裏を合わせそれらしい話をでっち上げた。
あれが世界滅亡の瀬戸際に立ったイベントだったなんてそんな事を言った所で誰も信じない。

でもそれでいい。一緒に乗り越えた人達だけが夢のように覚えていればいいのだと思う。
そしてすべてはあるべき所へ…歯車は戻り始めた。

レクリエ 22話13レクリエ 22話13
レクリエ 22話14レクリエ 22話14
レクリエ 22話15レクリエ 22話15

メテオラさん食べるか話すかどっちかしろw

「…もぐ。今日集まっていただいたのはほかでもない。
世界衝突の余波が残ってるうちに、然るべき術式で戻らなければならないという話を伝えたかった」

みんな聞いてる?w

「世界の揺らぎは収束しつつある。私の魔導書も日々検索範囲が狭まっている。
時間はあまり残されていない」


「昼から酒が飲めるってのは実にいいな」
ブリッツおじさんw

「ちゃんと聞いてますか? 人の話」
そう言うメテオラさんも、豚玉メガ盛り肉祭りスペシャルダブルを注文w

レクリエ 22話16レクリエ 22話16
レクリエ 22話17レクリエ 22話17
レクリエ 22話18レクリエ 22話18

「帰還に際し、それぞれやり残したこと、創造主に伝えあぐねた事。
それらをこの数日内に片付けておくことをおすすめする」


「もう伝えられねぇ奴だっているわけだしな」
「勇敢だった二人の女騎士に」

レクリエ 22話19レクリエ 22話19
レクリエ 22話20レクリエ 22話20

優夜たちは作者を連れて海にツーリングw

「めっちんがな。それそろ戻れってよ。
戻る戻らないの選択肢はあるって話だがな。
でもよ、こいつがいない世界ってのはのんびりしすぎて物足りねぇ。
だからまぁ戻る前に挨拶くれぇはしとこうかと思ってよ


「おいちょっと待て!駿河のとこの奴みたいにか」
ひぃ、御礼参りかw

レクリエ 22話21レクリエ 22話21
レクリエ 22話22レクリエ 22話22

「拳の方じゃねぇよ。普通の挨拶だ」

「俺はあんたに言いたいことがないわけじゃねぇ。 
だがよ。運命みたいなもんだってこのバカに言われたよ」

作者をどうかしてもしょうがないw

「あんたの創った設定だろうが何だろうが二人をやった奴にはお礼参りをしねぇとな。
だから俺は帰る」

「こいつとそう決めた。あんたの世界で好きなだけ暴れさせてくれりゃ俺達はそれでいいってな。
利害は一致してる、だろ?」


「お前がネタバレしたせいでこの先どう続けたらいいかわかんねぇよ」
本当にどうするだろなw

レクリエ 22話23レクリエ 22話23
レクリエ 22話24レクリエ 22話24
レクリエ 22話25レクリエ 22話25

「あ~。僕も海に行きたかったな~」
「八頭司さんとの水入らずの時間邪魔しちゃ悪いですよ」

鹿屋くんはお土産にあっちの世界にプラモを持って帰れるのか?w

「二人とも元の場所に変えれない可能性があっても帰りたい?」

「わからないんだったら試してみるしかないじゃないですか」
「そ。こっちはこっちで悪くない世界だけど
僕らあっちでやらなきゃいけないことがあるからね。まぁ一か八かでもいいんだ。僕らは行くよ」

主人公らしいなw

レクリエ 22話26レクリエ 22話26
レクリエ 22話27レクリエ 22話27

東京結界がウケたんで、ミルキーウェイの番外編がアニメ化されるw

「まさかあの布の小さいハレンチ衣装を…また…私に!
いや~~! 絶対拒否です~!」

ひかゆちゃんカワイソウw

レクリエ 22話28レクリエ 22話28
レクリエ 22話29レクリエ 22話29

「よかった~僕…中乃鐘さんが多少常識のある人で」
「失礼な。僕はジェントルマンですよ」
ショタを脱がすのはw

「中乃鐘さん!折角ですから鹿屋君の水着回作りましょうよ!
カモシカのような鹿屋君の美しい生足!見たいな~♪」

まりねさん腐ってやがるw

レクリエ 22話30レクリエ 22話30
レクリエ 22話31レクリエ 22話31

「私はいまだに疑問に思っている。なぜあの時彼女が現界できたのかを」
「僕は少しズルをしたんだ。
僕の才能じゃきっとシマザキさんは呼び戻せなかった。今でもそれだけを残念に思ってる」


「まがねの力はあくまで現界するための承認力を捻じ曲げただけ。
呼び戻した人格があのセツナでなければ作戦は失敗していた。
わかりますか颯太殿。分身たるアルタイルが認めるシマザキセツナをあなたは描き切った。
だからこそ世界は大団円を迎えられた」


「私が思うにあの時現界したのはきっと…いや。やめておきましょう」
あれは本当のセツナだったのかな。

レクリエ 22話32レクリエ 22話32
レクリエ 22話33レクリエ 22話33

帰還の門の展開に成功。
しかし修復力の大きさから考えるとおそらく今日が最後の機会。
お別れか…

レクリエ 22話34レクリエ 22話34
レクリエ 22話35レクリエ 22話35

「これで鹿屋君ともお別れか」
「あ~!お土産が邪魔で操縦しづらい!
それじゃあお先~

最後も軽いなw

レクリエ 22話36レクリエ 22話36
レクリエ 22話37レクリエ 22話37
レクリエ 22話38レクリエ 22話38

「じゃあな先生!」
「しっかりラスボスぶっ殺してやっからよ!なんか褒美用意しとけよ!」
優夜たちも行ってしまった…

レクリエ 22話39レクリエ 22話39
レクリエ 22話40レクリエ 22話40

「ひかゆ~!俺は~」
大西さんw
普通の人間はゲート越えれないのね。

レクリエ 22話41レクリエ 22話41
レクリエ 22話42レクリエ 22話42
レクリエ 22話43レクリエ 22話43

「はぁ…もう。大西さんはすぐそれなんだから
いいですか!恥ずかしい格好は百歩譲って諦めますけど!
まさゆき君とのこと本当にお願いしますよ!」


ひかゆちゃん一途だねw

レクリエ 22話44レクリエ 22話44
レクリエ 22話45レクリエ 22話45
レクリエ 22話46レクリエ 22話46

「でも大西さん。ありがとう。まさゆき君と会わせてくれて。感謝してます」
なにか大西さんに言ったのは気になるw

ひかゆちゃんだけ、お別れシーン長いなw

レクリエ 22話47レクリエ 22話47
レクリエ 22話48レクリエ 22話48
レクリエ 22話49レクリエ 22話49

「感謝はせんよ」
「感謝してもらおうとも思ってへん」

「でも助けてくれたわ。悪い神様じゃない。そうですよね?」
「姉ちゃん悪い神様やで。またあんたのこと死なせてまうかもしれへんよ」

「まったく…君ならやるだろうな。だが止められん。運命そのものだ」
「ほんなら残るか?」
「君と一緒の世界で生きるのは御免だ

レクリエ 22話50レクリエ 22話50
レクリエ 22話51レクリエ 22話51
レクリエ 22話52レクリエ 22話52

「これからもうちは命削ってあんたらに酷い事するで。せやから死ぬ気で乗り越えや」
生み出したキャラへのエールかw

レクリエ 22話53レクリエ 22話53
レクリエ 22話54レクリエ 22話54

「最後はメテオラか」
「ほんとに何て言ったらいいかわからないけど…。 もう会えないと思うと僕は」

「いつだって会えます颯太殿」
「そうだね。アヴァルケンをプレイすれば…」

「いえ。そういう意味ではなく。 端的に言うと私はもう帰れない」
ええ?!

レクリエ 22話54レクリエ 22話54
レクリエ 22話55レクリエ 22話55

「実は何度かリハーサルを行いましたが術式を展開するにはどうしても外側に施術者が必要なのです」

「自分を送り返すことはできないのか…?」
「自分を掴んで投げるようなもの。他の方法を試すには世界の修復力があまりに強すぎた」

レクリエ 22話56レクリエ 22話56
レクリエ 22話57レクリエ 22話57

「でもメテオラさん…」

「問題ない。私はこの世界を愛している。
それにいずれにしろ帰れないのであれば、私もみなさんのように世界を創ってみたい。
そう思うようになった。
アルタイルが口にしたように情熱と切望も、良い願いも悪い願いも衝動の中に含まれた。
そんな物語を私も自分で綴ってみたい」


レクリエ 22話57レクリエ 22話57
レクリエ 22話57レクリエ 22話57

「私の創造主が愛した世界の中で私の物語が何を繋げ何を彩っていくのかを
天命の尽きるまで見続けていたい。そう思ったのです」


「でも魔力は消えちゃうんでしょう?」
「創作に魔力はいりません。いるのは情熱と修練。そして後は天運が決める
ならば戦う余地がある!」


「ここで生活するために必要な書類は一通り揃っていますが、後で問題が起きないよう
もう一度整えておきます。
対策委員会は解散しますがこれが最後の仕事ですね。退官前に仕上げないと」


菊地原さん、公務員辞めて何に転職するの!?

レクリエ 22話57レクリエ 22話57
レクリエ 22話49レクリエ 22話49

菊地原さん編集者になったw 

高良田さんは賞をとる! でも無理してる感じ…
「アリステリアに言われたんですよ。面白いものを死ぬ気で描けって」

レクリエ 22話50レクリエ 22話50
レクリエ 22話51レクリエ 22話51

「どうしても納得いかなくて休載することも度々あります。良くないですよね…」

「俺もね、高良田さん。セレジアの事でそう思うこともありますよ。
でも上じゃなくて俺達は先へ行かなきゃ。物語がハッピーエンドに近付くように先へね。
物語が進めば読者が喜ぶよ。読者が喜んでくれるならアリステリアもきっと喜んでくれる」


きれいに終わらせあげることこそ一番大事ですよね。
一番いい終わりを一番いい時に… 終わる時期を間違えた作品も無惨だよねw

レクリエ 22話52レクリエ 22話52
レクリエ 22話53レクリエ 22話53
レクリエ 22話54レクリエ 22話54

「やっぱり悔しいよ。この事件を解決したのはシマザキセツナっていうイレギュラーの存在で…。
僕達の創った設定も伏線もキャラクターも結局アルタイルに…アルタイルという物語に敵わなかった。
正直世界の滅亡なんかより僕は…それが悔しい」


「んじゃもうやめる?物作り」
「まさか」
失敗しても、やめれないのが作家ですからw

レクリエ 22話54レクリエ 22話54
レクリエ 22話55レクリエ 22話55

『霜寒の候いかがお過ごしでしょうか?
まりね女史の家からの引っ越しも一段落しようやく小説も終わりが見えてきました。
電光文庫の新人賞に応募しようと思います』

電撃文庫かw

『ですが題名を考えあぐねています…』

レクリエ 22話56レクリエ 22話56
レクリエ 22話57レクリエ 22話57
レクリエ 22話57レクリエ 22話57

「お久しぶりです。颯太です。落ち着いたみたいでよかったです。
僕の方も投稿作品を一つ完成させました」


『そう!戦いは続くけどやれるわよ! きっとあなたなら!』
セレジアさんのセリフが!
フォーゲル2期きたーw

レクリエ 22話57レクリエ 22話57
レクリエ 22話57レクリエ 22話57
レクリエ 22話49レクリエ 22話49
レクリエ 22話50レクリエ 22話50

形にせずにはいられない。たとえ失敗したとしても、誰にも認められなくても。
それでも…僕は知っている。
そうやって生まれた沢山の物語が時に誰かの心に届き。
そしてその人の日常を違うものに変えてくれることを。

そう…ささやかだけど美しい光景に――。

レクリエ 22話51レクリエ 22話51
レクリエ 22話52レクリエ 22話52
レクリエ 22話53レクリエ 22話53

『Re:CREATORS』
メテオラさんが作品につけたタイトルだったw

作品を作り出す情熱、挫折、歓び…
そんなことを描きだした物語でした。
作り出された存在だったメテオラが今度は作り出す側になる。
面白い結末ですね!


↓ 押していただけると更新の励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^

(C)2017 広江礼威/小学館・アニプレックス

関連記事
テーマ:2017年新作アニメ | カテゴリ:2017夏(07-09月)
[ 2017/09/17 ] TB(5) | CM(0) |  EDIT 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/6421-799a1488


Re:CREATORS BS11(9/16)#22終

最終回 第22話 Re:CREATORS アルタイルはシマザキセツナと異世界で物語を創造する。 優夜たちは引き立て役として終わる。 チャンバーフェスも成功のうちに幕を閉じた。 菊地原とメテオラは握手して抱きしめる。 颯太を褒めて退席する松原、セレジアの消滅には自責の念に駆られていた。 メテオラもまりねも、終わっていない。 彼女との約束を守って物語を続ければ良い。 お好み焼き屋で集結した7人。...
[2017/09/17 17:54] URL ぬる~くまったりと

Re:CREATORS第22話(最終話)

メテオラちゃんが創造主だった!?物語は始原に捲き戻って永劫回帰?万物流転?そこま
[2017/09/17 08:44] URL うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳

そんな物語を、私も自分で/Re:CREATORS 22話(最終回)感想

 物語を作るということは、すなわち。
[2017/09/17 08:25] URL Wisp-Blog

Re:CREATORS (レクリエイターズ) 第22話 感想 まみかとアリスちゃんが再会するお話を書いてくれたのが、なにより嬉しい最終話でした。

全ての登場人物たちが救われたのを感じるエピローグ。 現実世界に残ったメテオラは、これから美味しいものをいっぱい食べるんでしょうね。 そして数年後にはエクセレントでセクシーなメテオラさんに変身しているのかもしれない。 セツナとアルタイルちゃんがラブラブな新世界へと旅立ってからまもなく、世界の揺り戻しの力が失われる前に元いた世界へと優夜たちも帰ることとなりましたが、それぞれの創...
[2017/09/17 05:22] URL 二次元美少女の笑顔を守りたい duple

Re:CREATORS<レクリエーターズ> #22 「Re:CREATORS」 <終>

大団円、あれ?でも誰か忘れているような・・・ 「Re:CREATOR」の第22話。 颯太によって顕界されたセツナと二人だけの世界へと消えたアルタイル。 世界の救済と共にエリミネーション・チャンバー・フェスは幕を閉じる。 セレジアとアリステリアを失った創造主二人に苦い思いを残しつつも。 しかし顕界されたセレジアは犠牲になっても松原の手によって作中で生き続ける。 セレジアが望ん...
[2017/09/17 02:42] URL ゆる本 blog











  ブログパーツ