【ゼロから始める魔法の書】 第7話 キャプ感想 犬傭兵、またお前かw ソーレナの孫娘とはいったい誰なんだ?

各画像はクリックで大きな画像に~

各画像はクリックで大きな画像に~
各画像はクリックで大きな画像に~

ゼロから始める魔法の書 第7話『王都プラスタ』 感想(画像付)

ゼロちゃんは傭兵との間を引き裂いた十三番に激おこ!
お気に入りのモフモフを奪ったのを許せない。
傭兵は獣堕ちが化物と思われてることを再認識させられる…。
再び現れた犬面のホルデムの罠に落ち、魔女に撃たれるが無事。
ゼロちゃんは傭兵の攻撃を引き受ける魔法を使っていたのか?
ホルデムはソーレナの孫娘を守る役割…本当かな?
なかなか死なないと思ったら意外に重要キャラだったなw






関連記事
テーマ:2017年新作アニメ | カテゴリ:2017春(04-06月)
[ 2017/05/23 ] TB(1) | CM(-) |  EDIT 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/6113-29a0e222


ゼロから始める魔法の書 TokyoMX(5/22)#07

第7話 王都プラスタ ゼロを信じることが出来ず疑った傭兵は十三番の 奸計に陥り操られてしまった。それが不満で契約を解除したゼロ。傭兵も城を出ていく。 町は王都なので比較的平和だった。ただ傭兵は優遇され獣落ちはやりたい放題だった。そんな無秩序な世界が許せない傭兵。酒屋に代金を払ったのを見て宿屋のロシェルは接近する。荷物持ちに利用して宿泊を勧める。帰ってきた父親は獣落ちを泊めた娘を叱りつける。し...
[2017/05/23 10:33] URL ぬる~くまったりと











  ブログパーツ