【進撃の巨人 Season2】 第30話『ヒストリア』 キャプ感想

各画像はクリックで大きな画像に~

進撃の巨人 Season2 第30話『ヒストリア』 感想(画像付)

クリスタの真名がヒストリア。 どんな意味がある名前なのかな。
ユミルは一人でよく頑張ったよね…。 
エレンの巨人みたいな再生力はいのか…。
クリスタちゃんも興奮すると激しいとこあるんです。 それもカワイイなw
何気にエレンは討伐数1になったのね。巨人の分はノーカンか。





以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。




(ストーリー)
エレンたちがまだ訓練兵団だった頃。とある雪山での訓練を終えた後、ふと気づくと
クリスタとユミルの姿が見えなくなっていた。
クリスタは訓練中に体調を崩したダズのそばについていて、また、ユミルはそんな
クリスタに付き合っているうちに遭難してしまったのだ。
吹雪の中、すっかり日も暮れて、息も絶え絶えなダズを引きずって山のふもとを
めざすクリスタ。このままでは3人とも助からないという状況で、クリスタの
とった決断は!?


進撃の巨人 30話進撃の巨人 30話進撃の巨人 30話2
進撃の巨人 30話2進撃の巨人 30話3進撃の巨人 30話3
進撃の巨人 30話4進撃の巨人 30話4進撃の巨人 30話5

訓練兵団の頃、雪山訓練の回想。
体調を崩したダズを助けようとして、行軍に遅れ遭難してしまったクリスタちゃんたち。

ユミルは、クリスタちゃんが死にたがって、ダズとともに雪山で果てようとしてると指摘。
クリスタちゃんは命を狙われている妾の子で、訓練兵団に入ったのは狙われないため。
ユミルはクリスタが自分に似てると感じていた。
友達になりたいのかな?w 
本当の名前を隠してるクリスタちゃんとは違うってユミル。

クリスタちゃんを振り払って、ダズを連れて崖を降りるユミル。
そんなの無理だ!

進撃の巨人 30話5進撃の巨人 30話6進撃の巨人 30話6
進撃の巨人 30話7進撃の巨人 30話7進撃の巨人 30話8

クリスタたちを捜索に行こうとしたエレンたちは何かの音が聞こえる
ダズを連れたユミルが歩いて来た。
クリスタちゃんも追いつくが、どうやってユミルが崖を降りれたのか謎…

崖を降りれた秘密を話す、代わりにクリスタちゃんが元の名前で生きることになったら。
それが2人のした約束。

進撃の巨人 30話8進撃の巨人 30話9進撃の巨人 30話9
進撃の巨人 30話10進撃の巨人 30話10進撃の巨人 30話
進撃の巨人 30話進撃の巨人 30話12進撃の巨人 30話12
進撃の巨人 30話13進撃の巨人 30話13進撃の巨人 30話14

そして現在。
ユミルの秘密とは、彼女も巨人に変身できるということだった!
その巨人の姿は、ライナーとベルトルトを襲った巨人と同じもの。

落ちそうになるクリスタちゃんの足をつかむライナー。
動揺から力を入れすぎてしまう。 仲間の仇の巨人がユミルだったんですからね。

進撃の巨人 30話14進撃の巨人 30話15進撃の巨人 30話15
進撃の巨人 30話16進撃の巨人 30話16進撃の巨人 30話17
進撃の巨人 30話17進撃の巨人 30話18進撃の巨人 30話18

ユミルはエレンと違って、巨人になれるのを知っていたようなところがある。
人類の敵なのか?
ベルトルトは、ユミルがなぜ巨人になって助けようとしてるのか行動の意味が分からない?

進撃の巨人 30話19進撃の巨人 30話19進撃の巨人 30話20
進撃の巨人 30話20進撃の巨人 30話21進撃の巨人 30話21
進撃の巨人 30話22進撃の巨人 30話22進撃の巨人 30話23

クリスタちゃんは危機のユミルを見て豹変して、激しい言葉で叱咤激励するw
性格が変わったようなw これが本当のクリスタちゃんなのかなw
自分のために戦え、塔なんか壊せと叫ぶ
本当にユミルが塔を壊して戦いだしたw

進撃の巨人 30話23進撃の巨人 30話24進撃の巨人 30話24
進撃の巨人 30話25進撃の巨人 30話25進撃の巨人 30話26
進撃の巨人 30話26進撃の巨人 30話27進撃の巨人 30話27

ユミルは塔を倒して敵巨人を下敷きにしようとしていた。
クリスタちゃんたちを乗せて塔から飛び降りる。

だが、巨人たちは生きていてユミルを喰らう!

進撃の巨人 30話28進撃の巨人 30話28進撃の巨人 30話29
進撃の巨人 30話29進撃の巨人 30話30進撃の巨人 30話30
進撃の巨人 30話31進撃の巨人 30話31進撃の巨人 30話32

ユミルを助けようとして飛び出したクリスタちゃんも巨人が襲う!
その時、駆け付けたミカサちゃんが助ける。
カッコいいな!

進撃の巨人 30話32進撃の巨人 30話33進撃の巨人 30話33
進撃の巨人 30話34進撃の巨人 30話34進撃の巨人 30話35

ハンジの班が到着し巨人たちを倒していく。
エレンも討伐数1を達成。 

進撃の巨人 30話35進撃の巨人 30話36進撃の巨人 30話36
進撃の巨人 30話37進撃の巨人 30話37進撃の巨人 30話38
進撃の巨人 30話38

ユミルは体が再生せずに息を引き取る。
彼女の最期を看取って、本当の名前はヒストリアだと名乗るクリスタちゃん。

クリスタちゃんが監視されてる家系とかって話じゃなかったかな。
監視していたのがユミルだったってことか。
似た境遇からクリスタちゃんに思い入れして助けたんでしょうか。
これで104期生の中で2人目の巨人。
他にも紛れていても不思議ないね。


↓ 押していただけると更新の励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

関連記事
テーマ:2017年新作アニメ | カテゴリ:2017春(04-06月)
[ 2017/04/30 ] TB(2) | CM(0) |  EDIT 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/6043-e4caadb0


進撃の巨人第30話「ヒストリア」あらすじと感想

進撃の巨人第30話「ヒストリア」は、ユミルが巨人と戦うエピソード。 また副題通りに、クリスタの本名がヒストリアと判明。 前半は雪山の訓練の回想だった。 エレン達が山小屋に到達したシーンや、 行方不明のクリスタ達を探しに行こうとしてたのはオリ要素。 クリスタはダズという意識不明の仲間を引っ張って雪山を行進。 ユミルはそんなクリスタを自殺しようとしてると指摘。 人からいい子と褒められて死にたがっ...
[2017/04/30 22:44] URL アニメとマンガの感想と考察

進撃の巨人 Season2 BS11(4/29)#30

第30話 ヒストリア 配属前の雪山訓練での出来事。クリスタが体調の優れないダズを庇って行軍に遅れる。最後の班が到着してもクリスタ、ユミルが到着しない。直ぐにでも捜索に出たいエレンだが二重遭難を恐れて 捜索は翌朝になる。 ダズを引きずるクリスタだが、遅い行軍に助ける気がないだろうと クリスタに問いかけるユミル。どうして私に助けを求めない?自分が死ぬ自覚のあるクリスタ。命を狙われている妾の子がク...
[2017/04/30 14:52] URL ぬる~くまったりと











  ブログパーツ