【幼女戦記】 第8話『火の試練』 キャプ感想

各画像はクリックで大きな画像に~

幼女戦記 第8話『火の試練』 感想(画像付)

人間の楯まで使って来る共和国軍。
民兵と非戦闘員の区別が出来ない厄介な市街戦。
非情な任務に疑問を持つ部下に、責任は命令を出した者にあると諭すターニャちゃん。
部下に対しては責任ある上官だね。
アンソン大佐生きていた!?
存在Xの介入で厄介な敵としてターニャちゃんと再び対決となりそう。
神のくせにどこまで介入してくるんだよw






以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。



  
(ストーリー)
統一暦1925年。帝国軍は協商連合全域を事実上の占領下においた。
ターニャと第二〇三航空魔導大隊はライン戦線へ転属。
共和国軍との血で血を洗う激戦が続くなか、元共和国領のアレーヌ市でパルチザンが
蜂起したとの一報が入る。
アレーヌ市は帝国軍の後方連絡線上にあり、このままでは前線への補給路が遮断されて
しまう恐れがあった。
参謀本部は司令部を通じ、「アレーヌ市の叛徒および合流してきた敵魔導部隊を排除せよ」と
の特命を、ターニャの大隊に発令。
司令部によると、市内に残った敵はあくまでも「共和国軍」だというが、市街地の掃討戦で
民兵と非戦闘員の区別が出来るはずもない。
グランツを始めとする大隊各員は、非情な任務に動揺を隠せなかった。


幼女戦記 08話幼女戦記 08話
幼女戦記 08話2幼女戦記 08話2
幼女戦記 08話3幼女戦記 08話3

「やっと協商連合が片付いたと思ったら「おはよう」から「おそうよう」まで砲弾と一緒の最前線勤務
隣で寝ていた戦友が朝起きると死んでいる事も稀にある。それがライン戦線の日常です」


ターニャちゃんまたライン戦線かよ!
もう地獄の前線でも楽しんでるふりしないとやってられないなw

幼女戦記 08話4幼女戦記 08話4
幼女戦記 08話5幼女戦記 08話5
幼女戦記 08話6幼女戦記 08話6

グランツは撃墜スコアをあげようと油断して負傷

「そこのセレブリャコーフ少尉を見習え。大隊長に付いて飛ぶだけでベテランになった程だ」
ヴィーシャちゃんも、本当はターニャちゃんの隣にはいたくないw

悲報、アレーヌ市でパルチザンの蜂起し後方地域が遮断!
前線への補給路が圧迫されてしまう。

「マズイな。メシも砲弾も無しで戦えと」
補給線が切れたら戦わずして負けちゃう!

幼女戦記 08話7幼女戦記 08話7
幼女戦記 08話8幼女戦記 08話8
幼女戦記 08話9幼女戦記 08話9

共和国軍が空挺作戦で、敵魔導士が反徒と合流。
史実の世界大戦より遅く始まったこの世界の大戦は、すでに空挺作戦も普通になってる。
敵の狙いは戦闘を長引かせることか…

203大隊はアレーヌ市の反徒と合流した敵魔導部隊を速やかに排除せよと特命が出る。

「これよりアレーヌ市に避難勧告が出される。
勧告以降、市内に残っている者は国際法的に全て共和国軍部隊とみなされるだろう」

市内に残った敵全てを排除しろとの命令。 敵魔導部隊を排除後、砲兵隊による砲撃を行う

「なるほど。我々は行くも地獄、引くも地獄という訳ですか」
市民を巻き込む市街戦… やらないと補給線が絶たれるし、どっちも地獄の道か。

幼女戦記 08話10幼女戦記 08話10
幼女戦記 08話幼女戦記 08話
幼女戦記 08話12幼女戦記 08話12

「他愛のないさえずりでしょうが… 我々敵はあくまでも共和国軍なのですね?
出来れば予想される敵戦力の攻勢をご教示頂きたいのですが」

「少数の共和国軍魔導士以外は民兵だ。既に多くの帝国国民が捕虜となっている」

「民間人がいれば制約にもなりましょうがまさか敵の正規軍が人間の盾を使う筈もありませんしね
我々は共和国軍の拠点を叩くのみ。ルールに則って勧告を行う以上は心置きなく…
残念で仕方がありません。 ですが我らは軍人。命令とあらば麗しのアレーヌとて焼かねばなりません」


幼女戦記 08話13幼女戦記 08話13
幼女戦記 08話14幼女戦記 08話14
幼女戦記 08話15幼女戦記 08話15
幼女戦記 08話16幼女戦記 08話16

「敵の空挺団・魔導部隊がアレーヌ市の民兵と合流したらしい。同市は今や共和国軍の手に落ちた
当然奪還する。 さて、それに当たり難題がある。我らは市内の共和国軍を全て排除しなければならない
当然ではあるが非戦闘員への発砲は厳しく禁じる。 
ただし、市街戦につき物的破損については破壊許可が出ている。
なお、敵魔導師交戦前と排除後にそれぞれ勧告を行う。
敵が降伏勧告を受諾すれば良し、そうでない場合は掃討戦に移行する」


グランツは敵が勧告に従うと思えない、民兵と非戦闘員の区別など出来ないので砲撃すれば被害が出ると危惧。
ヴァイスはそれ以上の抗議を止めるが…

幼女戦記 08話17幼女戦記 08話17
幼女戦記 08話18幼女戦記 08話18
幼女戦記 08話19幼女戦記 08話19

勧告を無視して共和国は市内で待ち伏せ。
民兵もいるし、どこから撃ってくるかも分からない。

幼女戦記 08話20幼女戦記 08話20
幼女戦記 08話21幼女戦記 08話21
幼女戦記 08話22幼女戦記 08話22
幼女戦記 08話23幼女戦記 08話23

「各自、近接戦の用意!やつらの狙いは時間稼ぎだ!怯むな!」

ヴァイスが被弾し、ターニャちゃんに帰還を命じられる。
「貴様は考え過ぎるのだ。 躊躇したのだろう? この大バカ者め。帰ったら覚悟しておけ!」

幼女戦記 08話24幼女戦記 08話24
幼女戦記 08話25幼女戦記 08話25
幼女戦記 08話26幼女戦記 08話26
幼女戦記 08話27幼女戦記 08話27

敵魔導師が後退、建物内に引きこもる
ターニャちゃんはそのまま押し込ませて起き、後は砲兵隊の仕事と任せることに。
勧告したうえで、街から出ない者は戦闘員と見なして攻撃する。

幼女戦記 08話28幼女戦記 08話28
幼女戦記 08話29幼女戦記 08話29
幼女戦記 08話30幼女戦記 08話30

国際法にのっとての勧告はしたうえで、市民も残る市街を砲撃…
共和国軍もこれにはたまらず、市民を保護しつつ戦域から撤退を開始。

酷い戦い方、でもこれしか市民にまざってる非正規戦の相手を叩けない。
虐殺だと国際的に非難されるのが怖い。
現在のイスラム国をすぐにつぶせないのが、まさにこれが理由。
IS占領地域を囲んで怪しいものは全部殲滅なんてできないからね…

幼女戦記 08話31幼女戦記 08話31
幼女戦記 08話32幼女戦記 08話32
幼女戦記 08話33幼女戦記 08話33

敵残存魔導師が殿軍してるのを排除せよと要請が来る。
避難する市民まで巻き込むのか…
グランツはターニャちゃんに抗議するが…。

「逃した敵はまた銃をとれるのだ。我々を撃つためにな。
奴らを逃せばあの中から帝国に憎悪を燃やす新兵が生まれるだろう」


幼女戦記 08話34幼女戦記 08話34
幼女戦記 08話35幼女戦記 08話35
幼女戦記 08話36幼女戦記 08話36

「これは上からの命令だ。敵は撃たねば撃たれるのだ。
少なくとも撃つなと言われるまでは撃たねばならん。
程までの言葉は聞かなかったことにしてやろう。
もう一度だけ言う、これは上からの命令だ。銃をとりたまえ」


過酷すぎる戦場、グランツの精神は持つんだろうか…

幼女戦記 08話37幼女戦記 08話37
幼女戦記 08話38幼女戦記 08話38

市街戦そのものを合法化する論文を出していたのはターニャちゃん!
そんなターニャちゃんには共和国との戦争終結に向けての大役が任される。
何させられるでしょうね…

EDは変わって、『戦線のリアリズム』
さすがに今回の内容で、踏みつぶせっ♪は、まずいよねw

幼女戦記 08話39幼女戦記 08話39
幼女戦記 08話40幼女戦記 08話40

アンソン大佐は生きていた!
フィヨルドに浮いてるのを発見され、何か月も意識不明から目覚める。

「光を見た。あれは神の光だ。 あの悪魔を撃ち滅ぼせと!」
それは存在Xという邪神だよw

アンソンを使って、ターニャちゃんと戦わせる気なのか?
信仰に屈服させるって目的は忘れてないですか、存在Xさんw


↓ 押していただけると更新の励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^

(C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

関連記事
テーマ:2017年新作アニメ | カテゴリ:2017冬(01-03月)
[ 2017/03/04 ] TB(4) | CM(0) |  EDIT 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/5884-3c5cf794


幼女戦記第8話「火の試練」あらすじと感想

幼女戦記第8話「火の試練」は共和国の市街戦のエピソード。 第7話のコメントであったように、第8話は終始シリアスだった。 冒頭はライン戦線のシーンで、魔導大隊が参戦していた。 この戦闘でグランツが手を負傷。 何かの伏線かと思ったけど、少なくとも今回は何もなかった。 ヴィーシャとヴァイスが会話してたけど、 原作だともっと冗談を言い合ってるらしい。 ヴィーシャはまだ少尉でヴァイスが中尉なのは意外…...
[2017/03/12 01:17] URL アニメとマンガの感想と考察

「幼女戦記」 第8話感想 市街地戦は見応えがあった。

TVアニメ「幼女戦記」第8話「火の試練」の感想です。【関連記事】「幼女戦記」 第7話感想 ターニャは完全に悪役ですね。「幼女戦記」 第6話感想 存在Xさん酷いです・・・。次回 ...
[2017/03/05 08:20] URL Ahusaの独断アニメ&ゲームレビュー

幼女戦記 第8話 「火の試練」 感想

戦争とはいえ何ともキツい戦い。 ターニャも自分が書いた論文を自分が実行することに なるとは思わなかったでしょうね。 そして神の使徒の覚醒。 ますますキツい戦いになりそう。 統一暦1925年。 帝国軍は協商連合全域を事実上の占領下においた。 ターニャと第二〇三航空魔導大隊はライン戦線へ転属。 共和国軍との血で血を洗う激戦が続くなか、元共和国領の アレーヌ市でパルチザンが蜂...
[2017/03/04 08:50] URL ひえんきゃく

幼女戦記 第8話 『火の試練』 掃討戦...つまりKill Them All。

冒頭じゃ手柄欲しさに鼻息荒くしていたグランツ少尉が違う意味で息を荒くしているのが対称的。 ライン戦線に戻ってきた!相変わらずの地獄みたいですね。まあ鍛えぬかれたターニャ大隊にとっては余裕。と思ったら調子に乗ってグランツが怪我。ヴィーシャを見習え。過酷な戦場でマイペースを貫くって相当難しいと思う。 後方が遮断された?アレーヌってアルザス・ロレーヌ地方のことか、フランスの。元々共和国領だったけど...
[2017/03/04 03:12] URL こいさんの放送中アニメの感想











  ブログパーツ