BTOOOM! 第4話「世界ランカー」



このショタ危険すぎる! 
沢城みゆきさんボイスの吉良康介、14歳。
猟奇事件を起こし逮捕されたサイコくんです。

沢城さんのキレるショタの演技がいいですね( ̄▽ ̄)
とってもワルそうでw


康介には虐待する最低な父親がいて、こいつも島に送られてます。
少年だからと康介を弁護した温情派の弁護士も同じく。

被害者の家族から見れば、加害者の少年・親・弁護するやつは許せないですからね。

酷い虐待がそうさせたのか康介にはキレる性癖が。
あまりの暴虐についに限界に達して父親を爆砕



やっと出来た父親への反抗が、爆弾で吹き飛ばすことだったとは...
解放された喜びにすがすがしいって康介を嫌悪して逃げる弁護士。
仮面をとればこんなもんですよ温情派とか言ってもね。
子供だろうと精神的な怪物を相手にしては。




そして前回ラストの坂本の遭遇に繋がります。

すっかり現実をゲームと思ってしまった康介。
「BTOOOM!」プレイヤーでもあって容赦なく坂本たちを追いたてます。




平のおじさんは足を痛め、坂本に自分を置いて逃げろと。
これは演技なのか? 本心なのかな( ̄▽ ̄;)

見捨てられず、坂本は自分が囮となって康介と対決します。

一方、その間にちゃっかり動く平。
康介の父の遺体からクリア条件の結晶をゲットです。
信用したらダメなのか?(^^;




お互い「BTOOOM!」プレイヤーと認識する坂本たち。
定石の攻撃パターンが通じない厄介な相手ですね。



坂本には殺したくないって抑制があるので、しだいに追い詰めらていく。
康介の爆弾は、周囲を吸い込んで消すって未来的な爆弾です。
これ地球製なのかな?(^^;




爆発のショックで頭を打った坂本は、感覚に異常をきたす。
これは現実でなくバーチャルと思ってしまい、世界ランカーとして覚醒w


センサーをやたら打つ康介の癖を利用し、同調してセンサーを相殺。
混乱させたとことろに容赦なく、爆弾を投げつけます!



ここで正気に戻った坂本。
幸いにか不幸にか、康介は無事でした(^^;




爆弾を取って康介は見逃す甘すぎるよ坂本さん。
名前を聞いて一生忘れないって康介は復讐する気まんまんですね。

坂本の名に世界ランカーと気付き狂喜する。
危ないショタを解き放ってしまったかも(^^;

沢城さんの演技で康介の狂気なキャラがよく出ていました。
ゲーマー同士の駆け引きもあって戦闘も面白かったですね~。
この後もまた戦いあうんでしょうね( ̄▽ ̄;)


↓ 押していただけると励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^

関連記事
テーマ:BTOOOM! | カテゴリ:2012秋(10-12月)
[ 2012/10/25 ] TB(5) | CM(0) |  EDIT 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/537-89be92e6


(アニメ感想) BTOOOM! 第4話 「世界ランカー」

投稿者・フォルテ TVアニメーション「BTOOOM! 」01【初回生産限定盤】 [Blu-ray](2012/11/21)不明商品詳細を見る ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメント
[2012/10/31 21:00] URL ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

BTOOOM!

あらすじ----- 定職にも就かず日々オンラインゲーム「BTOOOM!」に没頭する坂本竜太は、 ある日南海の孤島のジャングルで目を覚ます。なぜそこにいるのかも分からぬまま、 彼は、同じ
[2012/10/30 11:35] URL 玉鋼の3行blog

BTOOOM! 第4話 感想

#04 『世界ランカー』 痛快w『奇麗事のお花畑理論』なんざ、まぁイザとなりゃあんなモンだ(笑) 〝温情派・人情派〟なんて冠がつく輩は、別に弁護士じゃなくてもあんなもん。自...
[2012/10/27 00:15] URL 我と我が身と彼のものと。

BTOOOM! 第4話 「世界ランカー」

あらすじ・・・吉良康介、14歳。家出の末に猟奇事件を起こし逮捕。「BTOOOM!」プレイヤーでもあるこの危険な少年も、誰かの手で島に送られ、同様に島に送られた暴力的な ...
[2012/10/26 19:22] URL 続・真面目に働くアニオタ日記

BTOOOM! 第4話「世界ランカー」 感想

あらすじ 吉良康介、14歳。家出の末に猟奇事件を起こし逮捕。「BTOOOM!」プレイヤーでもあるこの危険な少年も、誰かの手で島に送られ、同様に島に送られた暴力的な父・義
[2012/10/26 12:52] URL 書き手の部屋











  ブログパーツ