【僕だけがいない街】第12話『宝物』キャプ付感想

各画像はクリックで大きな画像に~

僕だけがいない街 第12話『宝物』 感想(画像付)

僕だけがいない街が宝物だった…。
15年間を眠っていた間、僕だけがいない街、僕だけがいない時間。
悟は踏み込むことで、お互いを信じ合える仲間が得れたのですね…。
ひさびさに大団円の良い最終回が見れました!


以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^




 
(ストーリー)
小雨が降る病院の屋上で、悟は八代と対峙していた。
「俺の記憶は戻っているぞ」と言い放つ悟だが、八代はまったく動じない。
全てを読み切った上で、悟に罠を仕掛けていたのだ。
八代のシナリオは、悟の新たな友人・久美の点滴に筋弛緩剤を混入して殺害した上で、
悟をその実行者に仕立ててから殺すというものだ。
ついにチェックメイトか――。
だが、静かに勝利を宣言したのは悟だった。
そして彼は唐突に、自らの手で屋上の縁に車椅子を進めて行く…。
間一髪、それを掴み助けたのは…他ならぬ八代だった。
彼は告白する。
悟がいるからこそ、自分は生きている実感が持てるのだと。
それを認めた上で、悟を放し屋上から取り落とした八代は、自らも飛び降りようとする。
だが、彼が眼下に臨んだ視界の中には、救助マットの上で微笑む悟とその仲間の姿があった――。


僕街 12話僕街 12話
僕街 12話2僕街 12話2
僕街 12話3僕街 12話3

悟の記憶は雛月にあった時から戻っていた!
ケンヤたちも記憶が戻ってると気付いていたのか。
犯人は八代と分かっているが、時効になっていてる…
それなら時効でない事件で捕まえるしかない。

僕街 12話4僕街 12話4
僕街 12話5僕街 12話5
僕街 12話6僕街 12話6

久美の点滴に筋弛緩剤を入れ殺害し、悟を加害者にしたてる。
助けたければ、未来が分かると言った意味を教えろと言う八代。

悟ママンも記憶が戻ってるを分かってたw
やっぱり妖怪ですね。
成長した悟が目覚めたことを喜んでくれた母。
ありがたくて涙が出るよ…

僕街 12話7僕街 12話7
僕街 12話8僕街 12話8
僕街 12話9僕街 12話9
僕街 12話10僕街 12話10

悟は、まわりのものを守れたから自分の勝ちと宣言。
そして、自分から屋上から飛び降りようとする。
八代はそれを止めてしまう。

父の無い悟にとって、教師だった時の八代は父に見えた…。
そして八代にとっても悟は、生きがいとなっていた。
15年ずっと起きるのを見守り続けて…

僕街 12話僕街 12話
僕街 12話12僕街 12話12
僕街 12話13僕街 12話13

悟が落ちて、八代も生きがいを無くし、飛び降りようと…?
だが、クッションをしいて悟は無事だったw
母や仲間がいたからね!

僕街 12話14僕街 12話14
僕街 12話15僕街 12話15
僕街 12話16僕街 12話16

殺人未遂で八代は逮捕…

信じるっていうのは 信じたいって希望の言葉なんだ
ケンヤに語る悟の言葉が重いですね。

眠っていた間、失った15年間。
その間、自分のために時間を費やしてくれた仲間がいた。

僕だけがいない街、僕だけがいない時間
それが宝物だ…


僕街 12話17僕街 12話17
僕街 12話18僕街 12話18
僕街 12話19僕街 12話19
僕街 12話20僕街 12話20

悟は漫画家となり、アニメ化もされる。
って、2010年ってナイトレイドも放送されてたんだw

故郷に帰った悟を出迎えた成長したみんな。
万感の思いにこもった再会でしょうね。

僕街 12話21僕街 12話21
僕街 12話22僕街 12話22
僕街 12話23僕街 12話23
僕街 12話24僕街 12話24

悟は子供の時見ていたヒーローのように、お互いを助けあう仲間が欲しかった。
何度もリバイバルしても諦めずに戦い、ケンヤたち仲間を得て、最後は勝てた。
信じ合える仲間を得られた。

ラストシーンは、雪やどりしている悟と愛梨ちゃんの再会。
信じていた…

よく12話でまとまりましたね。
見事綺麗に話が完結しました。
八代との決着も良かったですね。
孤独に戦った悟が、信じ合える仲間を得て勝つ、王道の物語も素晴らしい!
原作の三部けい先生の次回作も期待したいです。


↓ 押していただけると更新の励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^

(C)2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会

関連記事
テーマ:僕だけがいない街 | カテゴリ:2016冬(01-03月)
[ 2016/03/25 ] TB(10) | CM(2) |  EDIT 

カットされたので補足
大工さんになった悟の友達はどうやら結婚してる様で、ヒロミに続くもう一人の妻帯者の様です
(その様な描写があります)
相手が中西彩ちゃんかは不明ですけど
[ 2016/03/26 12:01 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 大工さんになった悟の友達はどうやら結婚してる様で、ヒロミに続くもう一人の妻帯者の様です
みんな結婚してるんだなw
[ 2016/04/01 00:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/4805-e16ba4d0


僕だけがいない街 第12話 「宝物」 感想

悟 VS 八代
[2016/03/28 09:58] URL キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記

僕だけがいない街 #12 「宝物」

== 一歩踏み込んだ先に ==  どうも、管理人です。結局今日も仕事が長引いて、この時間からの更新になってしまったのですが、そういえばアニメジャパンどうしようかと。チケット買ってないのはまあどうにかするとして、このコンディションで行ったら、間違いなく来週一週間死にそうなんですよね。なお、来週末は来週末で予定あるので、尚更。 === 悟:「僕だけがいなくなった街で友達が僕のために人...
[2016/03/27 01:44] URL 戯れ言ちゃんねる

僕だけがいない街 最終回

小雨が降る病院の屋上で、悟(CV:満島真之介)は、八代(CV:宮本充)と対峙していました。 「俺の記憶は戻っているぞ」と言い放つ悟ですが、どうも八代の方に分があるような・・・ 八代はまたしても、悟が仲良くなった久美(CV:宇山玲加)の点滴にとんでもないものを混入して殺害して、悟にすべての罪を着せて殺害しようとしているみたいですw どうなるの~って思ったいたら、悟は負ける気が...
[2016/03/26 11:28] URL ぷち丸くんの日常日記

【総評】 僕だけがいない街

僕だけがいない街    放送開始:2016年1月~
[2016/03/26 02:27] URL ぶっきら感想文庫

僕だけがいない街 第12話(最終回) 「宝物」 感想

凄く面白い作品でしたね。 ここまで面白い作品だとは思いませんでした。 この作品に携わった全ての人に感謝です。 小雨が降る病院の屋上で、悟は八代と対峙していた。 「俺の記憶は戻っているぞ」と言い放つ悟だが、八代はまったく動じない。 全てを読み切った上で、悟に罠を仕掛けていたのだ。 八代のシナリオは、悟の新たな友人・久美の点滴に筋弛緩剤を混入して 殺害した上で、悟をその実行者に...
[2016/03/26 00:20] URL ひえんきゃく

僕だけがいない街 第十二話「宝物」[終]

評価 ★☆ キルミーだよ キルミーなんだよ 教えてくれた 暗闇も光るなら 星空になる            
[2016/03/25 23:37] URL パンがなければイナゴを食べればいいじゃない

僕だけがいない街 第12話「宝物」

第12話「宝物」 信じて踏み込んで行った悟の勝利。
[2016/03/25 20:44] URL いま、お茶いれますね

僕だけがいない街 フジテレビ(3/24)#12終

最終回 第12話 宝物 俺の記憶は戻っているぞ、八代。そうじゃないかと思っていた、車椅子を押すときに 指で調子を取っていた時は感情を抑えていたんだね。 ケンヤとヒロミに記憶が戻ったことを伝える悟。加代の赤ん坊と手が触れ合った時に記憶が繋がった。ケンヤは15年間の事を思って黙っていたのだった。でも、これからまた一人で戦うなら手伝いたい。ケンヤは澤田と事件を調べていた。15年前の事件なので証拠は...
[2016/03/25 12:41] URL ぬる~くまったりと

僕だけがいない街 第12話最終回「宝物」感想

光る蝶に導かれ、悟は再会を果たす。 いい最終話でしたね。 加代の赤ちゃんと手が触れ合った時、悟に何かが起こったのは前回で感じていましたが、あの瞬間に記憶を取り戻し始めていたんですね。 そして、魔女よろしく悟の母・佐知子さんは加代と会った後の悟の変化に気づいていて、八代と対する前に記憶を取り戻していると母に言っておきたかった彼の心を汲んだように、記憶が戻っているんでしょと言う...
[2016/03/25 12:27] URL 二次元美少女の笑顔を守りたい duple

僕だけがいない街 第十二話「宝物」

僕だけがいない街の第12話を見ました。 第十二話 宝物 記憶を取り戻した悟は病院の屋上で八代と対峙するのだが、全てを読み切っていた八代は久美の点滴に筋弛緩剤を混入して殺害した上で悟をその実行者に仕立ててから殺そうとしていた。 「足りない何かを埋めていくのが人生」 「それは僕が6年生を担当する時に話す言葉だ」 「雛月が保護されたあの日、雪の上に立つ先生の横顔…一番記憶...
[2016/03/25 05:46] URL MAGI☆の日記











  ブログパーツ