境界線上のホライゾンII 第12話「居場所の刃傷持ち」



二代さんはどこまで自覚して言ってるんだろうw 
精神攻撃で相手より有利に立とうって作戦なんでしょうか?


ともかく誾さんには大ダメージです( ̄▽ ̄;)


無表情キャラが売りの(?)誾さんの顔芸が見れるとはw

二代さんも興が乗ってきたのか、『生』(放送)だったとか(^^;
出血したとか、自分から差した、50回ほどとかw


もう止めてあげて! 誾さんの精神が持たないから(ノ∀`)



バルデス兄妹VSノリキ。
野球(?)と格闘技の異種対決w ジャンルすら違うよ!



消える魔球を拳で撃ち返す! なんじゃそりゃw
ピッチャー強襲とかってレベルでないダメージじゃないですかー。



鈴ちゃんは、自動メイドさんがチャフ掃除の間、情報処理の代行。
清楚なクッションw 武蔵さんの背もたれ発売くるかも?(ぉ)

チャフ掃除って本当にゴミ集めみたいなんですねw



智さんが弓で敵艦にミサイルを打ち込みます。
その中には、怪しくないよ?な生物が2名入っていたw

伊藤・健児&ネンジに潜入され敵艦はパニック( ̄▽ ̄)
こんなとこで忘れられそうなキャラを活躍させるのが憎いですねw



武蔵の防衛には人が圧倒的に足りないのです。
ハワードが寄越した鉱石にはコボルドくんたちが入っていた♪
これで人手不足解消ですねw



二代さん VS 誾ちゃんの戦いは舌戦から刃を交えるものへ。

誾ちゃんの腕が切断された!?
と思ったら中に本当の腕(?)があったのね。


この武装になったのは宗茂との戦い以来?



シロジロが金で戦うって意味は 文字通り金を武器にするってことだったw
とあるコインの超電磁砲w


小銭でも数多ければ、隆包も押されてるよ(^^;



コインで出来た鎖帷子w
防具にもなるお金って偉大ですね( ̄▽ ̄)
シロジロはいつか商売の神様に怒られそうですw



ベラスケスの筆で書いたものが実体化する謎すぎる攻撃!

謎なものには謎の存在が対抗。
チャーハンだと言い切ってカレーを出すハッサンw

ツッコミしてベラスケスの筆の技が解けました(´▽`*)



ネイトちゃんとウオルシンガムも、メアリーたちと帰還。
早速に隆包への攻撃に参加します。

長い戦闘のためか隆包のバットが粉砕!? 木製だったのねw

サイレンが鳴ってゲームセットですか( ̄▽ ̄)



房栄の道往き白虎の攻撃に、直政さんの地摺朱雀が立ち向かう。

道征き白虎の攻撃に、地摺朱雀の中に直政妹が入ってることがあらわに!
村が襲われた時、瀕死だった妹さんは生態パーツとして使ってと志願したのね。


アスラクラインの設定を連想させますねw

妹の意思を受け止め、だから負けられないって直政さん。
そして妹さんの姉を守ろうって意思が発動してか
"地摺朱雀"初動作確認の文字が。




空を出現させ、道征き白虎を叩き落としますw
地摺朱雀は飛べたのですね。



二代VS誾さんの戦いも決着へ。
激しい戦いで二代さんの髪がほどけるほど。
髪をほどいや二代さんがキレイですよw

そして負けを悟った誾さんは、宗茂の名誉を守るために
自ら偽腕をパージして負けを認めます。





宗茂さんと誾さんのイメージ映像ですかね。
2期では寝たままだった宗茂さんですが、やっぱりイケメンですねw

前回に続きバトルにつぐバトルで見応えあるシーン満載でした♪
朱雀と白虎の戦闘はもっと見たかったですw
これぞサンライズのお家芸のロボ戦ですからね!


↓ 押していただけると励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^


関連記事
テーマ:境界線上のホライゾン | カテゴリ:2012年夏(7-9月) テーマ:境界線上のホライゾン | カテゴリ:境界線上のホライゾンII 
[ 2012/09/24 ] TB(16) | CM(9) |  EDIT 

>>二代さんは~
すみません。あれ、素の発言なんです……(苦笑)

>>商売の神様に怒られそう
シロジロの使う術式は、全て商売の神様のものなので、あれは神様公認の使用方法です(笑)
[ 2012/09/24 17:53 ] [ 編集 ]

わりかししれっと流されてますが、一応背中に1期で落としたアゾゥルさんの羽をくっつけたと登場時に言われてます。
一応あれが空を飛ぶためのバーニア的なものだと思ってもらえれば。1期や2期1話の段階では付いてない、つまり飛ぶ能力はありませんでした。
[ 2012/09/24 18:29 ] [ 編集 ]

Re: 素の発言~

コメントありがとうございます♪

二代さん素なんですかw 
なかなかの天然ぶり恐ろしいですねw

> シロジロの使う術式は、全て商売の神様のものなので、あれは神様公認の使用方法です(笑)

神様公式なのですかw
それなら問題ないですね。 神様気前がいいですねw
[ 2012/09/25 00:46 ] [ 編集 ]

Re: 通りすがり 様

> わりかししれっと流されてますが、一応背中に1期で落としたアゾゥルさんの羽をくっつけたと登場時に言われてます。
> 一応あれが空を飛ぶためのバーニア的なものだと思ってもらえれば。1期や2期1話の段階では付いてない、つまり飛ぶ能力はありませんでした。

なるほど。 いつのまいか追加されてのですね~。
また2期が終ったら、1期から見直してみよう♪
[ 2012/09/25 00:49 ] [ 編集 ]

>サイレンが鳴ってゲームセットですか( ̄▽ ̄)

武蔵が重力航行で加速しててこれ以上留まると随伴艦が危険になるし下手をすると捕虜になる可能性があるので退避せざるをえないことになりました。
[ 2012/09/25 13:03 ] [ 編集 ]

Re: みやん様

> 武蔵が重力航行で加速しててこれ以上留まると随伴艦が危険になるし下手をすると捕虜になる可能性があるので退避せざるをえないことになりました。

なるほど、そういう意味で時間切れだったのですね(^^;
[ 2012/09/26 00:47 ] [ 編集 ]

誰も彼もが戦いぬく戦場

バルデス兄妹はアニメ版ではかなりセリフの減ってしまったキャラの一人、
…………いや、二人ですね。
この兄妹のかけあいとか、けっこう面白いんですけどね………。
アニメ版ではあまり性格とか描けなかったので紹介しておくと、
妹のフローレスは天真爛漫だけどちょっとバカ、兄のペテロは妹からの扱いが
よくなくてもまったくめげずに妹からの愛を求める男です。
「妹よ。」と呼びかけるのが口癖。
四死球の字名の由来は、妹は事故で兄は狙って四連続デッドボールを出して、
没収試合というのが過去にあったから……………、野球する気あるのか?
でもリアル妹持ちとして妹を敵の攻撃から守るというシュチェーションは羨ましいです。

アニメ版だと放送期間のせいでセリフや出番が減ってしまった人がけっこういます。
エリザベスの天然面白セリフが減っちゃいましたし、ウルキアガ対ベーコンの戦いも
少し省略されています。酒井学長とか、〝武蔵″さんやネシンバラと現状について
話すシーンがカットされたから、最終話しかセリフがない。
三要先生なんてクラスの授業で英国の歴史について話すシーンがカットされたので
出番がまったくなかった。そういえば三要先生はⅠでも良いことを言うシーンが
カットされていた………。壊滅的に男運がない上にアニメでの出番もなくなる、
なんてかわいそうなんだ…………。
あっ!そういえばネシンバラの走狗ミチザネも出ていない。
御広敷もセリフは減っているが別に活躍しないし、ロリコンは目障りだから気にしない。
あえてⅡで活躍したと言えばハワードとの貿易交渉の場でハッサンと共同で
形容しがたいカレーと生魚のコースを作ったことぐらいです。

シロジロの硬貨指弾は学生達が戦闘で使う攻撃力を買い取って、
硬貨に分配術式でこめたもの、というのはアニメでも説明されました。
この術式は聖譜記述にある極東の厄落としとして、金を外に投げ払う風習が
元になっているらしいです。ちなみに硬貨は、中が拡大空間になっていて金庫として
使っている小ぶりの壷から取り出しています。
シロジロは商人で商売の神と契約しているが、
どうも商売以上に金そのものを神聖視しているようです…………。
金を動かし、金を集め、金をおもうがままに操ることは何ものにも勝る価値があると
信じてるっぽいです。
この戦闘中も「こんな風に虚空に金をばらまくなど、そんな遊びをしらない奴らは
人生を損している。」とか「ああ、次は貨幣風呂だな。将来的には金貨でプールを
埋めて全身で貨幣の感触をごりごりするしかあるまい。」とか、
かなり不気味な事を考えています。Ⅲでは更にエスカレートするので期待?してください。

〝武蔵″さんは鈴がサン・マルティンを区別した事から、
鈴が外部情報の処理をベストの状態の自分たちを遥かに凌駕する速度と的確性で
行える事に気づきました。鈴が普段から使っている感知システム音鳴りさんに
音響、重力、熱源系等を含めた外部からの情報を接続した。
それによって鈴は周囲三十キロ全方位の情報を処理し、
わずかな誤差程度で完全に知覚できる。
正確には自動人形が全域精査するのに対して鈴は情報の取捨選択と手頃な手の抜き方が
できるので速断する事ができるのです。
普通の人間は五感から情報を入れても動きとして知覚できるのはごく限られた範囲
である事を考えると、鈴の知覚範囲と処理能力は想像を絶します。
鈴自身は全方位を同時に知覚できる事について自然体でできるので他の人も
できる事だと思っていたようです。鈴自身は自分がどれだけ信じがたい事を
やっているのか分かっていなかったみたいです。

浅間は二重式の大型矢にイトケンとネンジをつめて発射しました。
ネンジはスライムでありイトケンも実はガス体なのでそういう事ができます。
敵艦に突入した後にどうなったかというと、イトケンが友好の儀式を試みたらしい。
本人いわく、「僕はインキュバスだから、友好の儀式といえば精気の吸い合いに
決まっているじゃないか!」との事です。
ちなみにネンジはドアの鍵穴や聖水スプリンクラーのスイッチに体をつめて
逃げ場を塞いでいました。………すごくなりふりかまわない戦い方な気がするのだが。

武蔵と三征西班牙の一般生徒が叫びを上げるシーンはアニメではカットされる
かもしれないと思っていましたがカットされなくて良かったです。
主人公から見て、敵にあたる者達もそれぞれの正義や美学や誇りを持っている作品は
いくつもありますが、名も呼ばれぬ一般兵までもが憎悪や盲信からではない
正義と仲間意識を持ち、ましてぶつかり合う双方ともにそうであり、高い士気をもって
ぶつかり合う作品となるとかなり珍しいと思われます。
互いに譲れぬものがあって戦う。 だからこその平行線。
しかし、苦悩しながらも女王として姉の処刑を受け入れたはずのエリザベスは
点蔵と武蔵の者達の働きによって最後は約束を違えぬ道を選んだ。
平行線から境界線に至ったのです。そしてそれが境界線上のホライゾンという物語の
大きなテーマであり、トーリ達の強さなのだと思います。
世界を敵にまわし、されどその敵にまわしたはずの世界を次々と味方に変えてゆく。
そんな主人公たちが他に何人いるでしょうか?

原作ではミルトンがウォルターとアルマダ海戦を見ている時に
「ここに、尼子十勇士の生き残り三人の内の一人、秋上・久家がおればなあー………」
と行方知れずの仲間の事を思いました。
そして「忍者で金髪巨にゅう好きなど、若い頃のあの馬鹿にそっくりなのが来た」と
語っていました。武蔵は三河消失以前、貿易と輸送を行いながら一年かけて極東を
回っていました。 だから政治的、社会的な事情で元々住んでいた国から
移り住んだ人が多く、多教譜、多民族な場所です。
梅組メンバーも半数以上、本人か親の代に他国から武蔵に移り住んだ人達ですしね。
だから………もしかすると、もしかするかもしれません。
点蔵がアルマダ海戦の後、メアリを親に紹介したら、親父に「裏切り者め」と
家を叩き出されたらしいですし…………。

ベラスケスが屋台に対して警戒しなかったのはTsirhc教譜が慈善事業として
勢力関係なしに救護を行う事があり、神道中心の武蔵も世間体を気にして
そういう事を始めたのかと思ったからです。
ハッサンはカレーを神の食べ物だと主張し、どうもハッサンのカレーには
怪しげなしかけがあるようで、普通のカレーではないらしい………。
別に境ホラの世界の印度人が皆あんなに変なわけではないですよ。
ノリキも実は相模、北条・印度諸国連合の生まれだし。
と言っても人種は極東側だし、今は武蔵の人間だから印度人とは言えませんが。
[ 2012/10/22 23:01 ] [ 編集 ]

死が二人を分かつことなかれ

弘中・隆包をシロジロはくい止めたが、それは離脱の為に時間切れになったことによる
判定勝ちというのが正確なところ。それもかなりの費用とネイトとウォルシンガムの
加勢込みで。隆包については多分原作未読者は最初「何でバント?」とか思って
イロモノだと思った人もいたと思いますが、どこからどんな攻撃をされてもバット一本で
確実に防ぎきる防御テクニック、防御主体でありながらネイトとウォルシンガムを
ふっとばす力、部員たちからの信頼の厚さと統率力、かなりすごい人だったのは
理解できただろうと思います。
ダッドリーのような歴史再現の為にその地位についた指揮派は別ですが、
現場派の副長は特務クラスよりも一段高い戦闘能力を持っています。
弘中・隆包も強かったですが、P.A.ODAや六護式仏蘭西の副長はもっと強いです。
特に六護式仏蘭西の副長は欧州で伝説的な存在として語り継がれている異族です。

隆包と房江、それに利家と松は幽霊ですがいきいきとしていて、
あまり幽霊っぽくないという意見があるようですね。
たしかに………、幽霊でも現役襲名者である人達は普通に見えるし、触れるし、
一般的な幽霊のイメージとは全然違いますね。境ホラの世界の幽霊は見えて、
触れるどころか、聖別された食品なら霊体の身体に吸収することも可能なようです。
(皆そうなのかは分かりませんでしたが)他にないですよね……。
この世で麦酒やラーメンをいただく幽霊とか。
尚、幽霊と動白骨(リビングボーン)の違いについては公式サイトの
極東なるほど講座其の2を参照してください。
ところで隆包と房江は夫婦ですが、いわゆる夫婦の営みは幽霊になった今でも
しているみたいです。…………できるんですね。幽霊でも。
原作では武蔵が英国に不時着した少し後の時系列の話ですが、
自宅で昼間から裸にシーツを巻いた格好で武蔵襲撃の反省とアルマダ海戦について
語り合う二人のシーンがあったのです。
昼間なのでそうやって話をしているところにバルデス兄妹が
どこにいるのか分からない総長を探すため入ってきたのですが、
隆包も房江も慌てずにそのままの状態で普通に会話をしていました。
バルデス兄妹の方もです。房江はちょっと照れていたようですが。
事後シーンを見られても慌てずにそのまま客に応対するとは、
さすが長年連れ添った夫婦。若いカップルにはない貫禄と趣です。
羨ましくも微笑ましいですね。もっとこういう夫婦の仲睦まじさを描いた作品が
増えればいいのに………。

地摺朱雀の四聖のOSがこれまで機動せず、今になって起動したのは初起動時に
OSの大部分と人工頭脳が失われ、代わりに合一した少女の意識が欠けたOSを補完して、
同化していた。しかしOSでもある少女の身が危険となった時、自己保存のために
朱雀が彼女をまもりに出たのではないか?と房江は推測しました。
[ 2012/10/22 23:02 ] [ 編集 ]

絶対に貴方でなくては駄目なのです

二代と誾の戦いはアニメではかなり省略されています。
見ごたえのある戦いなのに非常にもったいないです。
戦闘中、誾は二代の事を「完全な防御的攻撃馬鹿」、
二代は誾の事を「完全な攻撃的防御馬鹿」と内心で評しました。
生まれ、育ちに共通点が多いせいか、やっぱりこの二人は似てるんですよね。

今でこそ相思相愛の立花夫妻だが、決して最初からそうだったわけではありません。
誾が宗茂と会ったばかりの頃、誾は立花・宗茂の方も一人で襲名するつもりでいて、
その上、寄らば斬るという空気を漂わせていました。
宗茂(その時のはこの名ではなかったはずだけど)の方は立花家の屋敷があった地区を
担当するただの郵便バイトの学生でしかなかった。
どのような経緯で宗茂が誾の夫の襲名を望むようになり、何故誾の父、立花・道雪が
彼に機会を与えたのかはⅡの原作を読んだだけでは分かりませんでした。
しかしともかく当時の宗茂は機会を与えられ、幾度となく誾に勝負を挑んだ。
もちろんはじめの頃の彼は西国無双でも神速でもなんでもなかったので、
まったく歯が立たずに打ち倒され、誾本人からもセリフで表現すると、
「何この人?弱いくせにしつこくてウザい。キモい。
こんな人が自分の夫になるとか冗談じゃない。しねばいいのに……。」といった感じで
嫌われまくっていました。嫌がらせで食事に毒をもられるくらい。
しかし彼は何本骨を折られても血まみれになっても、治療しては再度挑み続けました。
そしてついに誾が全てを出し切って拒絶しようとした時、彼は負傷しながらも
砲撃を行おうとする所にとびこみ、当時武器そのもののようだった誾の腕を断ち、
切断された両肩に抱きしめの手を回し、両の五指で押さえることで止血した。
ことここに至って誾は自分が受け止められる事と護られる事に安堵を感じている事、
彼なしでは自分はもう駄目なのだという事に気がついたという。
立花夫妻の夫婦愛はそんな並外れた血と汗と涙の上に生まれた絆なのです。
それに比べたら、そこらの大量消費されているハーレム系ラブコメのカップルなど
とるに足りないものに見えてきます。本命がいてもちょっとくらい
他の女に対して目移りしたり、相手からのアプローチは強く拒絶できないのは
まだよしとしよう。問題は選んだ相手は本当にその人でなければ駄目だという
相手なのか? なりゆきで「どちらかといえばこの人」程度の気持ちで選んでいないか?
単に最初に惹かれた相手から変えるのは悪い気がして惰性で選んでいないか?
恋愛系の主人公、およびカップルに対する好感度は双方の魅力度に加え、
いかにこれしかない組み合わせだという事に説得力を出せるかが肝要だと私は思います。
私は主人公がヒロインの事をあまり好きじゃなさそうだと(あるいは好きな理由が
理解できないと)ヒロインの事もあまり好きになれないです。
[ 2012/10/22 23:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/446-ce83278b


境界線上のホライゾンII第12話「居場所の刃傷持ち」レビュー。感想

夫の恥辱を雪ぎます。参ります!!二代まさかの『生』宣言に引きつりまくりの立花誾w、因縁(?)の戦いの戦いの行方は・・・?
[2012/09/28 12:27] URL ヲタブロ

境界線上のホライゾンⅡ 第12話「居場所の刃傷持ち」

愛とお金と野球とバントと姉妹と無能男 いろいろと詰め込みすぎて書くこと多すぎ 境界線上のホライゾンII (Horizon in the Middle of Nowhere II) 3 (初回限定版) [Blu-ray](2012/11/22)福山潤、茅原実
[2012/09/26 23:31] URL せーにんの冒険記

境界線上のホライゾンⅡ 12話感想

結局今年はTGSには行かなかった、私です。 KHはPS3でHDリメイクとブラウザゲーム化の発表だけあって、映像とかは無かったみたいだし。 今日はTGSの代わりにSHT(スーパーヒロインタイム)
[2012/09/25 00:28] URL とき鞠

境界線上のホライゾンⅡ 12話 『居場所の刃傷持ち』

ホライゾンⅡ第12話、アルマダ海戦も終盤、双方持てる戦力を最大限に動員した総力戦となりましたが、役職者達の相対戦に加えて、一般兵の皆さんの熱い戦いぶりも素晴らしかったです
[2012/09/24 23:41] URL 無常の流れ 新館

境界線上のホライゾンII 第12話 「夫の浮気相手」

誾「い、今なんと?」 二代「拙者宗重殿とはSEXした仲にござる。トレス・エスパニアでも中継されたのでは? "生で"」 誾「コンドーム付けないで!?」 二代「
[2012/09/24 23:22] URL ロリ+お姉さん=萌死

激闘の終幕は間近 アニメ感想 境界線上のホライゾンⅡ 第12話「居場所の刃傷持ち」

夫のふしだらな行為に絶句・・・!
[2012/09/24 22:51] URL 往く先は風に訊け

境界線上のホライゾンII 第12話 「居場所の刃傷持ち」 感想

普段は無表情の誾が表情豊かに! 二代の無自覚の精神攻撃の威力は凄まじいですね(笑) そんな二代ですが、戦闘シーンではカッコイイですよ。 アバンとラストでのギャップが凄まじ...
[2012/09/24 22:01] URL ひえんきゃく

境界線上のホライゾンII 第12話「居場所の刃傷持ち」

アバンでの誾の表情豊かな百面相を見れただけでも結構お腹が一杯になれたのに(つーか境ホラを全く知らない人が見たらボケ×ボケ2人の会話をどう思うでしょうかね?www)、モブ同...
[2012/09/24 21:43] URL ボヘミアンな京都住まい

境界線上のホライゾン?第12話『居場所の刃傷持ち』の感想レビュー

東西無双の名をかけて、いざ、尋常に勝負ッ!回でした。 いや、夫を寝取られて奥様逆上!とかでは無いで御座るよ、多分w というか、前回の点蔵もげろ祭から一転、全編これバトル!
[2012/09/24 20:52] URL gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

[感想] 境界線上のホライゾン2 第12話 「居場所の刃傷持ち」

笑いあり感動ありで良いギンさん回でした!!! ということでギンさんによるギンさんのためのギンさん回だった境界線上のホライゾン2期第12話。
[2012/09/24 20:52] URL 月を見上げる丘

境界線上のホライゾンⅡ 12話 「居場所の刃傷持ち」 感想

あ、清楚なクッション2つ下さい。
[2012/09/24 20:46] URL うつけ者アイムソーリー

境界線上のホライゾンII #12

【居場所の刃傷持ち】 境界線上のホライゾンII (Horizon in the Middle of Nowhere II) 3 (初回限定版) [Blu-ray]出演:福山潤バンダイビジュアル(2012-11-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る これが ...
[2012/09/24 19:52] URL 桜詩〜SAKURAUTA〜

境界線上のホライゾンII #12

『居場所の刃傷持ち』
[2012/09/24 19:32] URL ぐ~たらにっき

境界線上のホライゾンⅡ第12話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/09/post-d931.html
[2012/09/24 18:54] URL うたかたの日々別館

【一言アニメ感想】境界線上のホライゾンⅡ 第12話 「居場所の刃傷持ち」

負けられない戦いがある。今週も特盛り。見てない人はネタバレ注意。 境界線上のホライゾン2〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)(2009/06/10)川上 稔商品詳細を見る
[2012/09/24 18:48] URL 虚構世界の観測室

境界線上のホライゾンII 第12話 感想

 境界線上のホライゾンII  第12話 『居場所の刃傷持ち』 感想  次のページへ
[2012/09/24 16:54] URL 荒野の出来事











  ブログパーツ