【ISUCA】第7話『明暗』 キャプ付感想

各画像はクリックで大きな画像に~

ISUCA 第7話『明暗』 感想(画像付)

真一郎が活躍、主人公みたいです(笑)
倒れた真一郎を助けるために朔邪ちゃんが人口呼吸するのは完全にキスシーンでしたw
イスカの容赦ない攻撃でグロ規制…グロはやめて欲しいね…。
   

一緒に危機を乗り越えた朔邪と真一郎の関係は急速接近し、
まるで恋人のような雰囲気である。
さらに妖刀・夜叉王を手にいれた真一郎は少しでも朔邪の力になろうと、
鍛錬に励む毎日であった。
何もかも順風満帆に見える中、地下鉄に妖魔・煙羅煙羅が出現。
退治に出かけた朔邪たちを襲った衝撃の事態とは……!?
 
【続きを読む】

↓ 押していただけると励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^

(C)2014 高橋脩/KADOKAWA 角川書店刊/ISUKA製作委員会


関連記事
テーマ:アニメ | カテゴリ:2015冬(01-03月)
[ 2015/03/07 ] TB(1) | CM(0) |  EDIT 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/3555-01100230


ISUCA TokyoMX(3/06)#07

第漆話 明暗 真一郎の帰りを待つ朔夜。イスカに狙われているから一緒に居るのが安全だから。二人を見て何か言いたそうな須世璃。裸で真一郎を出迎えるタマ子。下着をつけろよ。朔夜の下着は小さくて、特に胸辺りが、無理だった。勝手に持ち出すのは泥棒だぞ。 朔夜を取り込みたい様子の仮面の男、お父様。イスカなら朔夜を倒すことも可能だが止められている様子。 俺本当はお前の事・・・昨夜に告白しそうな真一郎。撫子...
[2015/03/07 15:08] URL ぬる~くまったりと











  ブログパーツ