トータル・イクリプス 第8話「極東戦線」



南の島できゃっきゃうふふ展開から一転、極寒のカムチャツカでの戦闘へ!
BETAとの戦いが続く最前線。 緊張感が戻ってきたかなw


島での出来事ですっかり唯依さんがデレちゃってるのが不思議。
ユウヤやの理解が深まり、無駄な力が抜けてきたんでしょうかね。


BETAと激戦が続き極東戦線。
ジャール大隊の活躍が支えてる感じですね。
各地の最前線も、エースたちでどうにか持ちこたえてるんでしょうか。



カリブから直行でカムチャツカ基地に来たユウヤたち。
緊迫した最前線の空気を感じる。


現地の兵士が嫌な雰囲気で見てますね...



ユウヤと唯依さんの関係も改善。
唯依さんデレすぎかなw


不知火弐型には電磁投射砲の試験も課される。
これでは実戦が満足に出来ないとユウヤは不満でしたが、
唯依さんに謝られ期限を直すw

唯依さんは初出撃で多くの仲間を失った。
兵器の開発も必要だが、貴重な戦える衛士の命が大切だと。

ユウヤは無事に実験をして帰ってくると答えるのでした。



タリサちゃん可愛いなw
基地の兵士が、外から来た自分たちに排他的と不満をもらす。
最前線で兵も不満が多いし、兵士を使い捨てにするソ連軍ですからね。



ユウヤはイーニャの落としたぬいぐるみを発見。
イーニャとクリスカは、この基地の衛士たちに絡まれていた。


アラスカに逃げたのは中央のロシア系だけ。
グルジアやカザフは残され、BETAとの戦いにさらされている。
不満は分かりますが、イーニャたちに乱暴しようとは...

強気なクリスカなら反撃しそうですが、頭痛でやられるばかり。
イーニャちゃんがピンチ!
そこに助けに入ったユウヤw




ユウヤにまで武器を向ける不良衛士。
上官のラトロワ中佐が来て助けられるが...

ラトロワは、ユウヤたちにも分をわきまえろと警告。



BETAの進行が始まって、オホーツク海の海底のBETAが上陸する情報が!

迎撃作戦のブリーフィングには、イーフェイさんの姿もw
アルゴス小隊にも迎撃戦への参加が言われる。とんでもない実地試験ですね。
これに、ジャール大隊も随行してくれるそうですが。

BETAさんとの戦闘は次回にお預け。
また被害続出の戦闘になるんでしょうかね。


↓ 押していただけると励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^

関連記事
テーマ:トータル・イクリプス | カテゴリ:2012秋(10-12月) テーマ:トータル・イクリプス | カテゴリ:トータル・イクリプス 
[ 2012/08/20 ] TB(1) | CM(0) |  EDIT 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/340-54c2c41a


トータル・イクリプス #08

『極東戦線』
[2012/08/21 12:21] URL ぐ~たらにっき











  ブログパーツ