境界線上のホライゾンII 第6話「広場の男女」



傷有さんが点蔵くんを案内したのは、
ダブルブラッディ・メアリゆかりの倫敦塔。


実際のロンドンにも多くの塔がありますが、再現されたここもあるのですね。
ほとんどの塔には暗い歴史やら因縁話が残っていたり。
あまりデート向きな場所じゃないよねw



点蔵くんは、建物や歴史なんかより傷有さんなのお尻が気になる(´▽`*)
まったくムッツリですねw



歴史再現によって処刑される予定のダブルブラッディ・メアリ。
ヘンリー八世とキャサリンと知り合いだった...


ヘンリー八世の公主隠し跡がここに。

神隠しとか妖精の取替えっこっていうのも欧州ではある話。
特に魔法と妖精話の多い英国ならありそうな話ですね。



正純は、男子制服だったので串刺しを回避。
フラットな体形でよかったね(ノ∀`)
骸骨たちに追いまわされる状況は変わりませんがw



ネイトちゃんはウォルシンガムの猛攻に大ぴんち!
攻撃をモロに喰らった!? (;゚д゚)



誾さんはドレーク相手に戦ってる中、バナナの皮で滑ったw
いやこれも計算しての攻撃なのかな?
ドレークの両腕を落として勝負を決めます。

西国最強の剣の理ってすごいw



作家になるしかないって言ってたのに、同人しか出してないネシンバラw
シェイクスピアとネシンバラの他にもうひとり親友がいた。
3人はいっしょに作家になると決めたのにね。


そのもう一人は死んでしまった...
シェイクスピアは二人のうちどちらなのか?



ドレークを追い詰めたが、英国の邪魔が入る。
戦う意味は無くなった?
ナルゼさんが賢姉たちに回収されたのね♪



正純も回収されましたヾ(*´∀`)ノ
浅間さんのクッションw
アリクイが負傷して救難信号を出して助かったのですね。



ネイトは急所だけは回避して無事でした。
貧乳回避!? (ノ∀`)
いろんな意味で捨て身の攻撃で、ウオルシンガムに接近。
銀鎖で自分もろとも巻きこんで沈んでいきます...

これでちゃんとデートしていなかったら流石に怒りますわよ?

ネイトの犠牲は無駄ではなかった(ぉ)





大罪武装は負の感情ばかり、それを取り戻しても悲しいだけ。
泣いてしまうホライゾンに、トーリは林檎飴を買ってあげる。

鳩の大群に飴を取られてしまうけどw
もう今は泣いてないホライゾン。
ホライゾン自身には、負でない感情も元からあるのですね。

世界に戦争を起こしてまで大罪武装を集める事をホライゾンが望まなかったら?
トーリは、それで嫌われても構わないと答える。

そん時はまた始まりに戻るだけさ。
これまですげえ楽しかったなと思いながら俺は次の俺をやっていく。




方針は決まったというか、最初からブレてないのねw

喜美たちを呼んだので、空間が繋がりお迎えが来ました♪



アデーレと鈴も、外からダッドリーが何かしてるので脱出。
二代も二人を追って、蜻蛉斬りでジャンプw



傷有りさんが、点蔵くんに勝負を持ちかける。
その時、アデーレたちの脱出で塔にダメージが(^^;

崩れるガレキから子供を守った点蔵くん♪

傷有さんが抱きついてきます(´▽`*)
破廉恥な、もっともっと...って点蔵くんw



しかし傷有さんと別人だと気付く。
花の髪飾りが無いですからね。

偽傷有(?)はエリザベス!?
そして傷有さんがその姉妹のメアリだった!


点蔵くんも集中線入りでビックリな事実w

前回に続き今回も戦闘シーンが凄かったです。
1クールだから出来る短期決戦。 スタッフの本気に頭が下がります(^^;


↓ 押していただけると励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^

関連記事
テーマ:境界線上のホライゾン | カテゴリ:2012年夏(7-9月) テーマ:境界線上のホライゾン | カテゴリ:境界線上のホライゾンII 
[ 2012/08/13 ] TB(11) | CM(4) |  EDIT 

はじめまして、草薙 風という者です~
宜しくお願いします(。`・ω・´。)
[ 2012/08/13 20:43 ] [ 編集 ]

Re: 草薙 風さま

はじめまして~ よろしくお願いします (〃'∇'〃)ゝ
[ 2012/08/14 00:31 ] [ 編集 ]

私も丸め込まれてきたのかな?

聖譜顕装「巨きなる正義」の効果を受けているのに、立花誾の攻撃が
ドレイクに当たっているのは、この聖譜顕装は矛盾を許容できないので、
失敗している最中の攻撃は「既にその効果によって相手が失敗している最中」なので、
再度失敗することはない。つまり誾は攻撃が外れた瞬間、足を滑らせ始めたその瞬間に
再度攻撃を放っているのです。それも巨きなる正義の行程化による失敗を避けるため、
次々と動作のパターンを変えながら攻撃し、千差万別な多方向からの
失敗の発生にもひるむことなく、呼吸が行程化され封じられても呼吸法を
変えることで対応する。立花の娘として、その芯まで武を叩き込まれているからこそ
できる戦い方ですね。バナナの皮で滑ったのも巨きなる正義の効果による失敗ですが、
誾は不意にそれが起こったその瞬間に攻撃したのです。

ウォルシンガムがネイトに対して檸檬の果汁を浴びせたのは嗅覚が
人間の1万倍の感度を持つ人狼家系のネイトにとっては柑橘類の臭いは刺激臭だからです。
刺激臭を大量に嗅がされた事で、嗅覚から全身の神経に拒絶反応が走ったのです。

アデーレがオクスフォード教導院の中に機動殻を持ち込めたのは、
正純が「アデーレはこの機動殻の中でないと眠れないのです。
それにこれは彼女の父親の形見。それを持ち込むなとは何と情けの無い………。
分厚いパジャマで済ませていただけませんか、これ。」とデタラメを言って
押し切ったのです。アデーレの機動殻は瓦礫に埋もれた時や水没した時の為に、
大跳躍が行える用になっています。駆動系まかせで人が来ている状態では使えず、
一度か二度しかできない。内部の人間に負担が掛かったり、潰れたりする可能性も
あるので探知機や通信系が充実した現在では一般の機動殻には絶対採用されない
様な仕様です。でもアデーレの父親の意向で中世技術書通りの従士用機動殻に
なっています。

第6話のホライゾンとトーリの会話は原作でも印象深いです。
「何かを得てもいずれ失って悲しくなるだけだから感情なんていらないです」
というホライゾンに対して、トーリは「ホライゾンを自分は一度失ったけど
その後も悲しいだけじゃなく、俺の知っているホライゾンが俺と一緒に居てくれた」
と答えました。やり直す事はできなくてもホライゾンが共にいてくれたからこそ、
自分は次の自分を続けていこうと思う事ができた、ということです。
「大罪武装は正の感情を与えてくれなかった。」というホライゾンに
対してのトーリの返答も良かったです。
「悲しみしか本当に持っていないならそこから抜け出せない、
「悲しくない」という状態になれるのは悲しみに抗う正の感情があるから。
今はゼロの状態からの始まりだったからその自覚がないだけだよ。」
そう言われてホライゾンは父親の事を思い出してトーリに言った。
「父の事を思っても初めて悲しんだ時の様に泣き叫ばなくなった自分は
酷い人間ではないのですか?」
それに対してトーリは「親が子供にずっと悲しみの束縛を与えようとする方が
酷いんじゃないか?親は子供に悲しみから立ち上がること望むものではないか?」
「泣かなくなったのはお前が悲しみに抗っているからだ。」
うん、やっぱり良いです。人が悲しみから立ち直れるのはその悲しみを「失った」
からではなく、その人の中に悲しみに抗う正の感情があるからだ、という考え方は
とても素敵だと思います。かつてホライゾンが死んだと思ったときに
拒食して、生きるのをやめようとした事もあり、しかしそこから立ち上がったトーリ
だからこそ説得力がある。この男はバカでバカでどうしようもなくバカなのに、
肝心な所で異様な程説得力のある事を言ってくるからずるいですね。
原作でも読んでいる内にだんだんこのバカが世界を征服するのが正しい事だと
思うようになってくるぐらいです。

点蔵がメアリとエリザベスを見分けられたのは髪に白の睡蓮が無かったからだけじゃなく、
傷有りが一人だけ事故の現場から距離を取るような人ではないという
確信があったからです。点蔵がメアリを見つけたときにとっさに声を掛けたのは
下がってくれる事を意図したのでなく、自分のフォローできない位置を任せる為です。
点蔵が傷有りではないとエリザベスの事を見抜いとき点蔵は傷有りのことについて、
背後の人の流れの向こうで誰かを救っているのだろうと推量しました。
よく彼女の事を理解していますね。
[ 2012/08/30 00:18 ] [ 編集 ]

Re:ケユクス様

>つまり誾は攻撃が外れた瞬間、足を滑らせ始めたその瞬間に
> 再度攻撃を放っているのです

すごい攻撃ですね。先の先を読んでの戦闘。

> アデーレがオクスフォード教導院の中に機動殻を持ち込めたのは、
> 正純が「アデーレはこの機動殻の中でないと眠れないのです。
> それにこれは彼女の父親の形見。それを持ち込むなとは何と情けの無い………。

そんな理由w


> やり直す事はできなくてもホライゾンが共にいてくれたからこそ、
> 自分は次の自分を続けていこうと思う事ができた、ということです。

トーリは裸だったりおバカも多いですけど
ホライゾンのこともよく考えてくれてますね。

> 傷有りが一人だけ事故の現場から距離を取るような人ではないという

点蔵も良く傷有を理解してますね。
傷有の行動まで想像できるなんて。
[ 2012/08/31 00:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/314-290f7577


境界線上のホライゾンⅡ 第6話「広場の男女」

3年梅組と女王の盾符(トランプ)の相対戦。 一人でも相対に負ければ、葵・トーリとの相対を許す事になり、トーリとホライゾン・アリアダストのデートを邪魔することになるため、
[2012/08/19 19:28] URL 無限回廊幻想記譚 別館

【一言アニメ感想】境界線上のホライゾンⅡ 第6話 「広場の男女」

オパイが勝敗を左右する!見てない人はネタバレ注意。 貧乳 書道家が書いた漢字Tシャツ()(ティータイム)T-time商品詳細を見る
[2012/08/19 07:08] URL 虚構世界の観測室

境界線上のホライゾンII 第6話「広場の男女」、【原作】境界線上のホライゾンV

MBSでは次の土曜深夜に2話まとめて放送なのですが、とてもそれまで我慢できません(笑)ので、BS11で見ることにしました。先週10日に買った原作新刊(5〈上〉巻)を読んだ雑感も含めて
[2012/08/15 13:33] URL ボヘミアンな京都住まい

【アニメ】境界線上のホライゾンⅡ第06話 「広場の男女」 貧乳回避!!! 胸があったら即死だったw

3384 名無しになるもんっ♪ sage 2012/08/12(日) 22:33:38 ID:??? ジャッジ
[2012/08/14 01:35] URL Dash ch

境界線上のホライゾンⅡ 6話 『猟場の人道主義者』

ホライゾンⅡ第6話、トーリとホライゾン、点蔵と傷有りがそれぞれ仲良くデートしているようですが、実は重要な意思決定があったり重大な事実が発覚したりと、ただ楽しいだけのデー
[2012/08/13 23:30] URL 無常の流れ 新館

境界線上のホライゾンⅡ 第6話 広場の男女

ホライゾン2期 第6話。 相対戦決着、そして物語はさらに動き出す。 以下感想
[2012/08/13 22:21] URL 窓から見える水平線

境界線上のホライゾンⅡ 6話 「広場の男女」 感想

貧乳回避!! 自らの身を削ってまで忠義を尽くすネイト、健気だなー(泣)
[2012/08/13 22:10] URL うつけ者アイムソーリー

[感想] 境界線上のホライゾン2 第6話 「広場の男女」

とりあえず点蔵は爆発しろ下さい\(^o^)/ ということでvs英国の相対や傷有りさんの正体などが分かってきたホライゾン2期第6話。
[2012/08/13 21:31] URL 月を見上げる丘

不可能男の決断 アニメ感想 境界線上のホライゾンII 第6話「広場の男女」

揺るがぬ不可能男
[2012/08/13 19:40] URL 往く先は風に訊け

境界線上のホライゾンⅡ第6話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/08/post-bb42.html
[2012/08/13 18:28] URL うたかたの日々別館

境界線上のホライゾンII 第6話 「広場の男女」 感想

トーリは強いですね。 決めるところはしっかり決める主人公、格好良かったですよ。 点蔵は爆ぜろ!(笑)  境界線上のホライゾン 公式サイト -Side SunSet- 悲しみは誰の願いで
[2012/08/13 17:46] URL ひえんきゃく











  ブログパーツ