風雲維新ダイ☆ショーグン 第2話「妖狐のちはる」

各画像はクリックで大きな画像に~

恐るべきDTの呪(^^;
さらにスサノオを動かすにもKMも必要だった…
なんかすごい設定の作品(笑)
パートナー候補の妖狐のちはる登場です。

 
童貞の呪いのせいで女の子とは触れ合えない慶一郎は、
ストレス解消と出会いを求めて弟分の百助と街に繰り出す。
とある茶屋でちはるという女の子に出会うのだが、実は妖狐であり、
人間ではないちはるの正体を巡るトラブルに、慶一郎と百助は巻き込まれてしまう。

 
【続きを読む】

↓ 押していただけると励みになります♪
記事を楽しんでいただけたら ポチっと応援お願いします^^

(C)Project-D


関連記事
テーマ:風雲維新ダイ☆ショーグン | カテゴリ:2014春(04-06月)
[ 2014/04/17 ] TB(3) | CM(2) |  EDIT 

な、なんか酷い(褒

慶一郎の呪いは一石二鳥?



なので、あんなに暴れん坊になっていたんですね……ある意味彼が出生した時点で不穏な空気があったんですな。とは言え男性としてはこんな呪いは……同情するわ。




新井白石



江戸時代中期の旗本にして朱子学、歴史、地理、文学の学者であり……漢詩の詩人でもあります。明歴の大火(所謂“振袖火事”や“丸山火事”で江戸三大大火の筆頭です)の翌日に産まれました。聡明だけど気性が激しく起こると眉間に火の字の様な皺が出来ていたと言う。ちと仕えた土屋家がダメだったので浪人に、更に堀田政俊に仕えるも暗殺されて国替えがドンドン起きて財政悪化……白石は自ら身を引いて浪人、その時に豪商からは未亡人と結婚すれば邸宅&土地付き与えると言う話も出ましたが断りました。やがて朱子学者である木下順庵の下で学ぶ事になり、通常は入門金が居るのですが免除され、順庵の弟子と言うか客分云うポジションです。その後は六代将軍家宣が僅か500石の無役(幕閣や使用人でもない)の旗本が幕府の政治に大きく関与したのは彼のみです。次の七代将軍家継では将軍が幼少だった事もあり政権運営は困難を極め八代将軍吉宗が就任すると政治から身を引きました。


霧子の説教も恐らく白石の教えと思いますが……。




認めませんので


妖狐とくれば尚更……それにしてもこんな悲惨なトライアングラーは滅多にないな。
[ 2014/04/17 18:50 ] [ 編集 ]

Re: YF-19k(kyousuke) 様

コメントありがとうございます

慶一郎も暴れることしか ストレス発散ないですよねw

妖狐が世継ぎの血に入るのはマズい気がしますが、OKな世界なのかな(^^;
[ 2014/04/18 00:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/2343-1c36924e


よか匂いがするね/風雲維新ダイショーグン2話他2014/4/17感想

<記事内アンカー> ぷちます!! -プチプチ・アイドルマスター- 第15話「Before → After」 ぷちます!! -プチプチ・アイドルマスター- 第16話「Re@Before → After」 風雲維新ダイショーグン 第2話「扇情の花街、妖狐のちはる!」 となりの関くん 14時限目 「お弁当」  あと1日……あと1日で週末っ!……
[2014/04/17 22:18] URL Wisp-Blog

風雲維新ダイ☆ショーグン 第二話「扇情の花街、妖狐のちはる!」 感想

あらすじ 童貞の呪いのせいで女の子とは触れ合えない慶一郎は、ストレス解消と出会いを求めて弟分の百助と街に繰り出す。とある茶屋でちはるという女の子に出会うのだが、実は妖狐であり、人間ではないちはるの正体を巡るトラブルに、慶一郎と百助は巻き込まれてしまう。 脚本 : 福島直浩 絵コンテ : 渡部高志 演出 : 石田 暢 作画監督 : 松本文男 , 西尾公伯 下駄で踏まれ...
[2014/04/17 20:02] URL 趣味人の宿部屋

風雲維新ダイショーグン TokyoMX(4/16)#02

第2話 扇情の花街、妖狐のちはる 公式サイトから童貞の呪いのせいで女の子とは触れ合えない慶一郎は、ストレス解消と出会いを求めて弟分の百助と街に繰り出す。とある茶屋でちはるという女の子に出会うのだが、実は妖狐であり、人間ではないちはるの正体を巡るトラブルに、慶一郎と百助は巻き込まれてしまう。 ちはるを目当てに通った男が、ちはるにもっと 相手にしてくれと絡む。そんな男を殴り倒す。 徳川家の御落胤...
[2014/04/17 13:48] URL ぬる~くまったりと











  ブログパーツ